ベネチア映画祭、今夜開幕!是枝監督、金獅子賞取る?

世界三大映画祭の一つ、第74回ベネチア国際映画祭が30日(日本時間で31日未明)イタリア北部で開幕。最高賞「金獅子賞」を競うコンペティション部門には、是枝裕和監督の新作「三度目の殺人」が出品されている。




「3度めの殺人」は弁護士と被害者の娘と殺人犯による心理サスペンス










殺人の前科をもつ三隅(役所広司)が解雇された工場の社長の殺害容疑で起訴される。









死刑が確実なその弁護を担当する重盛(福山雅治)はなんとか無期懲役にしようと事件を洗いなおすが、その過程で被害者の妻・美津江(斉藤由貴)から依頼されたとする供述が三隅から飛び出す始末。動機も二転、三転し、さらに被害者の娘・咲江(広瀬すず)のおぞましい秘密が暴露され、事件の真相は〈藪の中〉の様相を呈していく。








スポンサーリンク










以前までの是枝監督の作品では、親密さあふれるホームドラマを好んで描いてきた作品が多かった。しかし今回の作品は一転してダークな雰囲気の作品である。これは是枝監督の新しい挑戦なのでしょうか。その作品を国際映画祭に出品するということはかなりの自信作出会うことが伺える。









是枝裕和監督の代表作










映画監督デビューした作品は1995年「幻の光」。




また主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。









『誰も知らない』は第57回カンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞、『そして父になる』は第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、世界でも高い評価を受けている。受賞歴は下記の通り。







スポンサーリンク





幻の光
バンクーバー映画祭 グランプリ
シカゴ映画祭 グランプリ

ワンダフルライフ
ナント三大陸映画祭 グランプリ
トリノ映画祭 最優秀脚本賞
ブエノスアイレス映画祭 グランプリ、最優秀脚本賞
サン・セバスティアン国際映画祭 国際批評家連盟賞


誰も知らない
第77回アカデミー賞外国語映画賞部門・日本代表作品
フランダース国際映画祭 グランプリ
シカゴ国際映画祭 金のプラーク賞


歩いても 歩いても
第56回サン・セバスティアン国際映画祭 脚本家協会賞
第4回ユーラシア国際映画祭 最優秀監督賞
第23回マール・デル・プラタ国際映画祭 最優秀作品賞

奇跡
第59回サン・セバスティアン国際映画祭 最優秀脚本賞・カトリックメディア協議会(SIGNIS)賞



そして父になる
第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞・エキュメニカル賞特別表彰
第61回サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞(PEARLS部門)
第32回バンクーバー国際映画祭 観客賞(Rogers People’s Choice Award)
第7回アブダビ国際映画祭 Child Protection Award 脚本賞(Child Protection Award for Best Script)
第37回サンパウロ国際映画祭 観客賞
第56回アジア太平洋映画祭(中国語版) 最優秀作品賞・最優秀監督賞

海街diary
第63回サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞(PEARLS部門)

海よりもまだ深く
第26回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 シルバー・ミラー賞(最高賞)




wikipedia参照 (海外での受賞歴のみ書いています)









その他の作品では












最終日(9月9日)には北野武監督の「アウトレイジ 最終章」が閉幕上映される。北野武監督ももはや国際映画祭の常連になっている、日本の代表的な映画監督だ。「世界の北野」と呼ばれるのも頷ける経歴だ。









受賞歴は下記のとおりである




1990年 トリノ国際映画祭 特別賞
1990年 日本映画監督協会新人奨励賞
1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞
1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞
1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞
1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞
1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞
1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)
2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞
2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞
2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ
2003年 トロント国際映画祭 グランプリ
2004年 明治大学特別功労賞
2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞
2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞
2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞
2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞
2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞
2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)
2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)
2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)
2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞
2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校)

wikipedia参照

About 小鳥遊ユウ 849 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*