一眼レフ 絞り優先モードとは

こんにちは、糖質制限中にラーメンが食べたくなるタカナシです。

今回は具体的にカメラの撮影に関するお話です。

皆さんは絞り優先モード、使っていますか?一眼レフなどのカメラについている数あるモードの中の一つです。この絞り優先モード、簡単に言うとF値の調整を優先するモード、ということです。

絞り優先モードはカメラ初心者にとって非常に使いやすく、なおかつ腕が上達し易いモードだと言えます。F値を自分でコントロールするので、F値の調整を覚えられますし、その際のシャッタースピードは自動、というわかりやすく明るさをちょうどよく撮影できる機能になっています。

一眼レフの醍醐味の一つ、背景をぼかす。という撮影がしやすいのもオススメのポイントです。F値の数字を小さくすると背景のボケが強くなっていきます。逆にF値の数字を大きくすると背景までくっきりピントが合います。この機能を利用して自分のイメージした通りの写真を撮ることが出来るようになります。

この絞り優先モードを活かせるのはコンパクトデジタルカメラなどよりも、イメージセンサーが大きい一眼レフ、もしくはミラーレスがいいですね。イメージセンサーが大きいと背景のボケなどがより強く出るためです。

背景のボケを出すことは被写体をはっきり浮かび上がらせる、逆に省きたい部分を省くことも出来ます。写真は引き算なんて言われたりもしますよね。そういった引き算にも使えるモードと言えます。

シャッタースピードの自動コントロール


先程サラッと書きましたが、絞り優先モードはシャッタースピードの自動コントロールがついているモードです。

つまり、F値を変えるとそれに合ったシャッタースピードにカメラが自動で調整してくれます。例えばシャッタースピード優先モードなどではシャッタースピードを手動で調整することになり、撮影してみると思ったより暗かったり明るすぎたり…ということが起きます。これがなかなかもどかしく、なれるまで少し時間がかかるかもしれません。

絞り優先モードではそういった場面が少なくなりますので、シャッターチャンスを逃しにくいというのも一つのメリットになります。大きな失敗はかなり減ると思います。

F値とシャッタースピード


この2つは写真の撮影において重要な要素の一つです。

F値を小さくした場合(絞りを開けた場合)

F値を小さくした場合、シャッタースピードがそれにともなって早くなります。なのでシャッタースピードを早くして、ブレを無くしたい場合や、暗い場所でシャッタースピードを上げたい場合はF値を小さくします。

逆に、F値を大きくした場合(絞った場合)

F値を大きくした場合、シャッタースピードは遅くなります。シャッタースピードを遅くしたい場合(流し撮りなどの撮影)F値を大きくします。

ボク個人的には最終的にマニュアルモードで撮影できるようになれば完全に理解できると考えています。このマニュアルモード、名前の通り全ての値を自分でコントロールするモードなので、カメラの使い方を覚えるには最適です。

まずは絞り優先で始めてみて、慣れたらマニュアル、ですね。

というわけで今回はこのへんで。次回はカメラの基本テクニックを書いていきます。今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!次回もゆっくりしていってね!

About 小鳥遊ユウ 838 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*