豪州戦へ向けて合宿、本田、香川など合流。本大会出場まであと1勝!

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選で6大会連続の本大会出場まであと1勝に迫った日本代表は28日、さいたま市内でオーストラリア戦(31日・埼玉スタジアム)に向けた合宿2日目の練習を行った。




本田移籍後の調子は









スポンサーリンク









本田圭佑選手がメキシコのパチューカに入団して間もない今回の合宿。本田圭佑選手は会見で「なぜメキシコか?なぜパチューカか?という問いに対する理由の1つが無難な選択をしようとしていた自分に腹が立っていたんです。そんな自分が退屈で。。そんな中、日々熱くなれそうなチームだったのがまだまだ僕のことを知らないメキシコでありパチューカでした」と発言していて、そのやる気からか入団後、初試合でゴールを決めている。




そんなやる気に満ちた本田圭佑選手、今回のW杯も活躍が期待できそうだ。尚、この日に合流した岡崎(レスター)本田(パチューカ)香川(ドルトムント)はいずれも軽いメニューで練習を終えている。




本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 – )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・CFパチューカ所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年。




2017年7月14日、メキシコ・1部リーグのCFパチューカへの移籍が決定した。契約は、1年となっている。背番号は1桁の「2番」では無く、0の付いた「02番」で、ユニフォームネームは「HONDA」ではなく「KSK」となっている。怪我で出遅れたが]、8月23日に行われた第6節のベラクルス戦でメキシコデビューを果たし、初ゴールを記録した。wikipedia参照




筆者の考え









スポンサーリンク









今回のW杯、残すところ1勝で本大会出場の日本代表だが、その期待は大いに高まっている。あとはそれぞれの選手がその期待に応えられるかどうかだが、選手たちの士気は高まっているし、なにより日本のサッカーに対する関心も高まっていることが何よりの応援になるように思います。




以前まではやはり野球が一番人気の印象が強いスポーツ界だったが、サッカー人気は留まるところを知らず、これからは更に盛り上がるだろうと筆者は考えている。




だからこそ今回のW杯は優勝するつもりで挑んで欲しいし、もちろん、筆者も応援しています。最近ではスポーツバーなどでの鑑賞、応援も人気ですね。これから日本中が湧くような試合を日本中で期待していると思います。だから、頑張れ日本!

About 小鳥遊ユウ 849 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*