【あさイチ】アクティブラーニング教育改革が2020年から開始!【炎上】

アクティブラーニングとは以前までと違い、先生が主役で知識を教える授業ではなく、生徒が主役ですすめる授業形態のことを指しています。つまり生徒たちは自分たちで問題を解決する能力を身につける為の授業を進んでやっていくということですね。これについては賛否両論あるようで、様々な意見があるようです。




・アクティブラーニングとは?何が変わるの?


・教育改革の狙いと問題点


・2020年から学校の先生たちも仕事が変わっていく可能性





アクティブラーニングで何が変わるの??




スポンサーリンク







アクティブラーニングで一番変わるであろうこと、それは生徒たちが自分で考える力をつけられる可能性が高い事ですよね。アメリカなどではアクティブラーニングは一般的です。自分たちで考え、問題を解決していく能力を伸ばしやすい授業形態であるといえます。




いままでのように、設問を出されてそのまま答えを教えてもらい、それを覚える。という形態では自分たちで考える能力は育ちません。ただ答えを教えてもらうのではなく、自分で考えるというのがポイントのようです。



















すでにネット上では様々な意見が交わされているようです。確かに、誰もが賛成するとは思いません。管理人はアクティブラーニングに対しては賛成です。なぜなら自分の意見をもつことは非常に重要だと考えているからです。




自分の意見を持つということは自分で解決する為に考える必要がありますし、これから日本にも外国人が増えていくことが予想されます。その中でこれからの子供は生きていかなければなりません。




自分の意見がない人が相手にされない海外の人と生きていくには必要な能力を鍛えられる教育改革になると管理人は思ったんですね。














教育改革アクティブラーニングの問題点とは??





もちろん教育改革には良いことばかりではありません。日本人に限らず、人前で自分の意見が言い出しにくいと考える生徒も少なからず居るはずだからです。引っ込み思案な生徒やいじめられている生徒など、状況は様々。




そんな中、すべての生徒に平等に教育を施せるかと言えば、そうではありませんね。














ネット上でももちろんこのような意見は多く、自分の子供が引っ込み思案な子供だったら・・・。と考え、心配するご両親も多いことと思います。




その問題点は先生たちの能力で補完出来ると思いますが、ただでさえ忙しい教師という仕事。これから人員を増やさなくてはアクティブラーニングは実施するのが難しいでしょう。




そして意見が違う生徒が居た場合、いじめられてしまう可能性もあります。まだまだ問題点は多そうです・・・。














先生側の人たちも今まで経験していない形態で授業を進めなくてはならないわけですから、これから先生たちも大変になっていきますね・・・。




Twitterでの反応





スポンサーリンク



























































































スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 293 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*