逢沢一郎の経歴と学歴や家族(子供や嫁)のプロフィール【文春砲】

逢沢一郎議員が「本番店」と言われるような違法なお店を利用していたとする記事が


週刊文春に報じられています。


なんとこの取材には4年もの歳月をかけたそうで、


写真や証言がかなりあるそうです。


そんなお店を利用したと言われる逢沢一郎議員の経歴や学歴、家族に関する情報を集めてみました。


逢沢一郎議員に文春砲!違法店を利用?




スポンサーリンク





小誌は逢沢氏に関する情報を4年前に入手し、

取材を重ねてきたところ、逢沢氏が「本番店」とされる料金に

○交渉を含んだデリヘル業者を複数回利用し、“本番行為”

に及んでいた可能性が高いことを写真や証言などで確認した。

風俗営業法に詳しい清瀬雄平弁護士が解説する。

「○春の定義は“対償を受け、または受ける約束で不特定の相手方と○交すること”で、

○春防止法上、禁止された違法行為です。

デリヘルの店舗が、プレイ内容に○交渉を組み込んで料金を設定し、

集客していたとすれば、○春の周旋と評価される蓋然性が高い。

また、客の側がそのような店舗と知りながら頻繁に利用していたとすれば、

違法な○春行為を繰り返していたと評価されてもやむを得ないでしょう」

関係者によれば、逢沢氏がこうした行為に使う金額は年間1500万円に及ぶ可能性があり、また、指名を受けた女性とトラブルになったこともあったという。


逢沢一郎議員が本当にこのようなお店を利用していたかは不明ですが、


本当なら大ニュースです。


しかもこのような行為に年間1500万円も使っていたとする内容は衝撃的です。


1500万円も使うって何回利用すればいくんでしょうね・・・。


相当お元気なようで・・・。


逢沢一郎が使っていたお店の名前と場所は?



問題の焦点となる逢沢一郎議員が利用していたお店の名前や場所などの情報は特定されていません。


これに関しては判明すればお店側にも責任問題に発展する可能性もあります。


どちらも違法行為をしていたことになりますからね。


これに関しては最新情報が入り次第記事を更新していきます。


逢沢一郎の経歴と学歴




スポンサーリンク







・逢沢一郎(あいさわいちろう)

・1954年6月10日生まれ

・岡山県御津郡御津町(現岡山市北区)出身

・学歴:慶應義塾大学工学部(現・理工学部)

・職業:政治家。自由民主党所属の衆議院議員(11期)

・現職:懲罰委員会、選挙制度調査会長(党職)


逢沢一郎議員は岡山県出身で、父親の逢沢英雄さんも議員を勤めた人物です。


岡山大学教育学部附属中学校、慶應義塾志木高等学校、慶應義塾大学工学部(現・理工学部)管理工学科を卒業。


松下政経塾の第1期生です。政経塾出身の中でも弁護士第一号であり、


第95代内閣総理大臣の野田佳彦は同期で、政党などは違えど仲がいいということでも有名です。


当選回数は11回を超えており、政治家としてベテランです。


日中国会議員書画展へ書画を提供していることでも知られていますね。


逢沢一郎の家族は?妻や子供など




スポンサーリンク





逢沢一郎さんには逢沢俊枝さんという夫人がいらっしゃることがわかっていますね。




現在までに子供がいるかどうかについては判明していません。


子供に関する情報などのプライベートなものは流出していないんですね。


年齢的には普通に子供がいるでしょうけれど、


今回のような自体が発覚したということは家に居場所がなくなってしまいそうですね・・・。


おそらくもう成人しているでしょうから、同じ家に住んでいるかどうかはわかりませんが、


夫人も子供もいる環境でこのような記事が出てしまえば、


これが事実であっても事実でなくてもかなり批判的な目で見られそうです。


おお、怖い・・・。


ネット上での反応




スポンサーリンク












About 小鳥遊ユウ 1077 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*