あかねさす少女1話の感想と評価!内容とあらすじは?

オリジナルアニメ「あかねさす少女」がアニメファンの中でも非常に高評価を得ているようですね。アニメ大好き人間の私も「あかねさす少女」は自分のランクの中で、結構上位に位置していると思います。それではここで「あかねさす少女」1話のあらすじと感想を述べていきますね。惜しくも見逃された人は参考になさってください。





「4時44分の儀式」




スポンサーリンク





まず初めに「あかねさす少女」1話のタイトルが「4時44分の儀式」という設定になっているのですが、このタイトルからしてどんなストーリーなのか、ドキドキワクワク感が満載と言えるでしょう。その期待通り1話目から、謎に満ちたシーンがいくつか登場します。





「鉱石ラヂオ研究会」




スポンサーリンク





現世界と異世界をつなげるための奮闘を日々繰り返すのがこの「鉱石ラヂオ研究会」メンバーになります。この中のクロエという人物がキーマンになり、石を拾うことでこれが実現されるわけですね。「鉱石ラヂオ研究会」メンバー全員で、異世界へと突入していきます。





「謎の雪ウサギと明日架」

異世界へ突入したメンバーはそこで謎の雪ウサギの大群と遭遇し、その雪ウサギたちに襲われる事態となります。この危機的状況を救ってくれたのが研究会メンバーの明日架とそっくりな少女でした。そして不思議なことにこの少女も自分の名前を「明日架」と名乗っているのです。





「明日架に酷似の少女の謎行動」

研究会メンバーたちを窮地から救った少女は、エネルギーを消耗したのか体調を壊して明日架の自宅で過ごすことになります。そしてその少女は何かに導かれるように明日架の自宅のある一室へと向かっていくという謎行動を起こします。そのあと彼女は何も告げないまま、明日架のもとから姿を消してしまいますね。そこには彼女が大事に持っていたペンダントが放置されていました。



スポンサーリンク








「現世界と異世界のパラレルワールド」

この物語を大まかにテーマ付けるとすれば、「現世界と異世界のパラレルワールドを行き来する少女の物語」と言えるのではないでしょうか?異世界の明日架が持っていたペンダントトップには彼女の弟らしき人物がはめこまれていました。こちらも今後のストーリー展開に大きく影響してきそうですね。

「カセット型ウォークマン」

あわせてこの1話目から登場する見逃せない小道具として、カセット型ウォークマンがあります。私たち昭和生まれの人間にとっては、非常に懐かしさがこみ上げてくるグッズでしょうか?この物語の正確な時代設定は不明ですが、ウォークマンに連動するようなその他の懐かしグッズも今後期待できそうですね。






「あかねさす少女1話」のあらすじと感想をご紹介させていただきました。あなたのお気に入りベストアニメに入りそうでしょうか?これからのストーリーを楽しみにしたいと思います

 

 

 



スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*