明石市長泉房穂のパワハラ発言内容全文を見ると悪くない?

明石市長の泉房穂氏が言ったとされるパワハラ発言が話題になっています。「燃やしてしまえ」などと過激な発言をしたと報じられていますが、実はこれは一部だけを切り取ったもので、内容全文を見てみると印象がガラッと変わると話題になっています。パワハラ発言の真相を見ていきましょう。


明石市長が部下を怒鳴りつけたということだけを見るとたしかにパワハラのように感じてしまいますよね。しかしこの案件は部下が7年間も放置していた事実が発覚。さらに発言内容全文を見てみると、かなりしっかりとした正論を話していたことがわかっています。まずは内容全文を見ていきましょう。




・明石市長・泉房穂のパワハラ発言内容全文


・明石市長のパワハラ発言は悪くない?正論だと話題に


・明石市長・泉房穂の経歴





明石市長・泉房穂のパワハラ発言内容全文





スポンサーリンク







職員「(立ち退き対象だった建物の)オーナーの所に行ってきた。概算で提示したが、金額が不満」

 市長「そんなもん6年前から分かっていること。時間は戻らんけど、この間何をしとったん。遊んでたん。意味分からんけど

 職員「金額の提示はしていない」

 市長「7年間、何しとってん。ふざけんな。何もしてへんやないか7年間。平成22(2010)年から何しとってん7年間。金の提示もせんと。楽な商売じゃお前ら。あほちゃうか

 職員「すいません」

 市長「すまんですむか。立ち退きさせてこい、お前らで。きょう火付けてこい。燃やしてしまえ。ふざけんな。今から建物壊してこい。損害賠償を個人で負え。安全対策でしょうが。はよせーよ。誰や、現場の責任者は」

 職員「担当はおります。課長が待機していますが」

 市長「上は意識もしてなかったやろ。分かって放置したわけやないでしょ。任せとっただけでしょ。何考えて仕事しとんねん。ごめんですむか、こんなもん。7年間放置して、たった1軒残ってもうて。どうする気やったん」

 市長「無理に決まっとんだろ、そんなもん。お前が金積め。お前ら1人ずつ1千万円出せ。すぐ出て行ってもらえ。あほちゃうか、そんなもん。ほんま許さんから。辞表出しても許さんぞ。なめやがって。早くやっとけばとっくに終わってた話を。どないすんねん。悠長な話して。たった1軒にあと2年も3年もかけんのか。何をさぼってんねん、7年も。自分の家売れ。その金払え。現場に任せきりか。担当は何人いるの」

 職員「1人しかいません」

 市長「とりあえずそいつに辞めてもらえ。辞表とってこい。当たり前じゃ。7年分の給与払え。辞めたらええねん、そんな奴。辞めるだけですまんで、金出せ金も」

 職員「担当は今は係長。この間係長は3回替わった」

 市長「何やっとったん、みんな。何で値段の提示もしてないねん」

 職員「値段は概算を年度末に提示している」

 市長「概算なんか意味ない。手続きにのらへんやないか」

 職員「市長申し訳ありませんが、(の分は)予算は今年度でつんでいる。前年度は予算ついていないんで、概算しか」

 市長「ついてないってどういうことよ」

 職員「他の地権者の分、とってますから。丸ごと全事業費は1年間でどーんと付けられない」

 市長「見通しわかっとったやろ。ややこしいの後回しにして、楽な商売しやがって」

 市長「ずっと座り込んで頭下げて1週間以内に取ってこい。おまえら全員で通って取ってこい、判子。おまえら自腹切って判子押してもらえ。とにかく判子ついてもらってこい。とにかく今月中に頭下げて説得して判付いてもうてください。あと1軒だけです。ここは人が死にました。角で女性が死んで、それがきっかけでこの事業は進んでいます。そんな中でぜひご協力いただきたい、と。ほんまに何のためにやっとる工事や、安全対策でしょ。あっこの角で人が巻き込まれて死んだわけでしょ。だから拡幅するんでしょ。(担当者)2人が行って難しければ、私が行きますけど。私が行って土下座でもしますわ。市民の安全のためやろ、腹立ってんのわ。何を仕事してんねん。しんどい仕事やから尊い、相手がややこしいから美しいんですよ。後回しにしてどないすんねん、一番しんどい仕事からせえよ。市民の安全のためやないか。言いたいのはそれや。そのためにしんどい仕事するんや、役所は」




引用:https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201901/0012019280.shtml





この泉房穂氏の発言内容全文を見てみるとかなりの正論であり、まっとうなことを言っているように見えますよね。メディアが切り取った一部だけを見てしまうと勘違いをしてしまいますが、職員たちが7年間も放置していた案件に対して憤慨していて、非常に仕事に責任感を持っているように見えます。




過激な言葉は確かに感情的でしたでしょうし、問題はないとは言えませんがこの仕事に対する責任感はむしろ素晴らしいとすら思えます。メディアで紹介された言葉だけで判断してはいけないというように感じますよね。




明石市長のパワハラ発言は悪くない?正論だと話題に





スポンサーリンク







ネット上ではこの発言内容全文から明石市長は悪くないのではという声が少なくありません。近年では何かと問題になるパワハラですが、このようにしっかりと理由があり、言葉のチョイスこそ間違えているものの正論であるパターンもあり得るということを考えなければなりません。




最近の教師体罰問題などもそうですが・・・切り取られた一部の音声や映像だけで判断するべきではないと言うことを考えなくてはならないような気がします。


















明石市長・泉房穂の経歴





スポンサーリンク







明石市長・泉房穂(いずみ ふさほ)


・兵庫県明石市二見町生まれ


・明石市立二見小学校・明石市立二見中学校・兵庫県立明石西高等学校・東京大学教育学部卒業。


・高校時代は生徒会長


東大卒業後にはNHKに入社。NHKを退職後に、石井紘基民主党衆議院議員の秘書を経て、司法試験に合格。更にその後には神戸市、明石市で弁護士事務所を開設。


今回のパワハラ発言は2017年のものだったのですが、それ以外に不祥事とみられるような発言は見られておらず、当時のパワハラ発言で仕事などに支障をきたした職員もいなかったため、職員の中でもパワハラとは思っていないなどの意見もあるようです。


しかし泉房穂氏は謝罪会見にて「パワハラだった」と認め謝罪。




かなり誠実で、カッとしやすい正確とも言われる泉房穂氏ですが、職員たちからの信頼も厚いようです。




スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 905 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*