アメフト91番日大反則の宮川泰介は監督の指示だった?【悪質タックル】

アメフトの日本大学と関西学院大学の試合で問題行動があって話題になっていましたね。悪質タックルと呼ばれる悪質なプレーで、背後からタックルをされた選手は足にしびれが残っていたほどだったそうです。これはひどいですね〜・・・。


この反則的なラフプレーは一体なぜ起こったのか、91番の宮川泰介さんの個人的な暴走なのか、それとも監督の指示だったのか、調べていきましょう。




・アメフト91番日大反則の宮川泰介


・悪質タックルは監督の指示?


・ラフプレー連発で日大アメフトは追放されるのか





アメフト91番日大反則の宮川泰介





スポンサーリンク











名前:宮川 泰介(みやがわ たいすけ)

生年月日:1998:2月26日

出身高校:日本大学豊山高等学校

背番号:91

所属:日本大学




今回悪質タックルであまり良いとはいえませんが話題になっている選手ですね。タックルを受けた選手は足にしびれが残るほどの衝撃を受けたようです。




監督の指示で動いていたとしてもそれを実行に移すというのはやはりあまりいいプレーとは言え無いと思いますね。監督としては「あれぐらいやっていかないと勝てない」なんてことも言ってるみたいですけどね。




たしかに必死であることは重要でしょう。それはスポーツに限らずです。しかしこれは”ルールに則ってプレーする”という前提で必死にプレーするべきでしょう。




ルールを守った上で必死にプレーして、その結果こうなったとは正直いえません。やはり最初からラフプレーを連発してでも勝つという石があったように思えて仕方ないですよね・・・。




それが監督の指示だったからだとしても、選手にも責任があることに間違いはないでしょう。




悪質タックルは監督の指示?





スポンサーリンク







日大の内田正人監督は問題の悪質タックルについて「選手も必死。あれくらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」と語っています。




勝ちにこだわるという姿勢は非常によく理解できます。どんな事柄でも「ボク、頑張ったんで!」と過程をどれだけアピールしてもそれが結果につながっていない場合、あまり意味のない事になりがちです。




だからこそ結果にこだわり、勝ちにこだわるという姿勢はスポーツにおいても非常に重要でしょう。だからといって反則的なプレーをやり始めたら本末転倒ですね〜。その支持を監督がしてしまったのなら尚更、将来ある若い選手の事を責任持って指示しているとは思えません。




反則させて勝ってもどこかで痛い目を見ることは明らかですし、なにより今回のプレーで相手の選手を負傷させているって・・・。色々と言われていても仕方がないでしょう。アメフトというスポーツが荒々しいからといってルール違反、反則は非常に残念です。




Twitterの反応



















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 502 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

3 Trackbacks / Pingbacks

  1. 内田正人が雲隠れ?日大アメフト部反則悪質タックルで炎上中!【91番宮川】 | タカナシ情報部
  2. 日大アメフト部の謝罪文が酷い!監督の責任逃れで炎上中【悪質タックル】 | タカナシ情報部
  3. 内田正人辞任会見動画は?日大アメフト監督が発表!【悪質タックル】 | タカナシ情報部

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*