アンドロイド観音のラスボス感と声が怖いと話題に!SFの世界

京都府にあるお寺にアンドロイド観音「マインダー」が完成し公開され話題になっています。アンドロイド観音はAI搭載のロボットで、なんと説法を行なっているとのこと。ネット上では「ラスボス感がすごい」と話題になっています。声がロボットらしくて怖いという意見も多いようですね。


京都府という伝統ある場所での最新鋭のAI搭載のアンドロイド観音が設置されるというのは面白い話ですよね。まさにSFの世界のようです。ということで話題のアンドロイド観音について調べてみました。




・アンドロイド観音のラスボス感が怖いと話題に


・アンドロイド観音の声は?動画あり


・アンドロイド観音とは?京都で話題に





アンドロイド観音のラスボス感が怖いと話題に





スポンサーリンク












アンドロイド観音のお披露目ということで話題になっていますが、プロジェクションマッピングなどの技術を用いた説法を行なっていくことになるようで、今後の進化が楽しみですね。




ネット上ではラスボス感がやばいと話題になっていますが、本当に時代の変化を感じますね。今後はどんどんAIが人間の仕事をやっていくことになるのでしょう。




・マインダーは高台寺が2017年9月から、大阪大の石黒浩教授の研究室に属する小川浩平講師(36)の協力を得て製作していた。高さ195センチ、幅90センチ、奥行き90センチ、製作費約5千万円。




大昔に神様の偶像として仏様が作られました。それが時代の変化によってロボットが人間の神様になっていくのでしょうか。これは時代の変化なのか、それとも・・・?




アンドロイド観音の声は?動画あり





スポンサーリンク












アンドロイド観音「マインダー」のお披露目ということですが、一般公開は3月〜5月になるとのことです。説法の内容は般若心経をテーマに語ってくれるとのことです。




目の部分にはカメラがあり聴衆と目を合わせて語ることもできるとのことで、今後日本の大きな観光ポイントにもなりそうです。このアンドロイド観音は日本の何かを変えるのでしょうか?非常に楽しみです。




アンドロイド観音とは?京都で話題に





スポンサーリンク






















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 906 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*