AppleWatch4は3から何が変わったのか、違いと新機能まとめ

AppleWatchシリーズ4が2018年9月12日に発表されると話題です。このAppleWatch4はどんな部分が変わり、また、進化しているのか、その違いとは一体なんなのかについて、最新情報をお届けします。AppleWatch4は買いなのか、検討していきましょう。




・AppleWatch4は3から何が変わったのか?その違い


・AppleWatch4の変化は画面と中身?


・AppleWatch4にFaceIDが搭載される?





AppleWatch4は3から何が変わったのか?その違い





スポンサーリンク







AppleWatch3においての大きな課題、それは動作が遅いこと




アプリの起動、また、終了する際にかかるタイムラグは非常にストレスを感じるかと思います。しかしながら毎回のアップデートで確実に進化してきているのもまた特徴と言えるでしょう。




AppleWatchはまだ出たばかりの新製品であり、改良の余地はまだまだあるということでしょう。今までのスマートウォッチの使い方から大きく外れるような進化を期待している製品でもあります。




AppleWatch4では一体何が変わったのか、また、その違いについて調べていきましょう。




画面が大きくなる





まず注目したいのが画面の大型化です。2018年の新iPhoneにも適用されているベゼルの縮小と画面の大型化。これによって更にスマートフォンとしての操作性が良くなることに期待している人も多いのではないでしょうか。




これがAppleWatchにも採用される可能性が高そうです。また、iPadProなどのリーク画像においても画面の大型化は確実にしてきていると確信できそうです。




AppleWatchの今までの課題のひとつに、操作しづらい(画面が小さい)というものがあったかと思います。




これが解消される可能性が高いということで、画面の大型化には非常に期待度が高いと感じています。









画像にある通り、AppleWatchの画面が大型化したことにより、ひと目で見られる情報の多さは今までの比ではないことがわかります。時間を見るだけのスマートウォッチの時代はすぐに終わってしまいましたね。




バッテリーの持ちがよくなる





これは確実な変化となるでしょう。AppleWatchはスマートウォッチというカテゴリではありますが、基本的にスマートフォンと同じく、長い時間身につけて使うものである以上、やはりバッテリーの持ちが気になるところですよね。




これは毎回AppleWatchが確実に進化を遂げてきた特徴でもありますし、今回はボディが少し大きくなると見られているため、その進化はかなりわかりやすくなることでしょう。




正確なバッテリーの持ち時間は正式な発表を待ちましょう。




AppleWatch4にFaceIDが搭載される?





スポンサーリンク







上記にもある通り、AppleWatchはロック解除がしづらいです。というのもやはり時計サイズである以上、画面の操作はどうしてもし辛い。しかしスグに時計を見られなければスマートウォッチとしての機能は果たせないことになりますよね。




そこで今回ネット上で囁かれているのが、FaceIDの搭載。




これによってiPhoneXのように顔を向けるだけでロック解除ができるようになるのでは?という噂が流れています。




これに関しては大きさ的にもFaceIDを搭載できるようなスペックを持てるのかどうか疑問ではありますが、個人的にはちょっと期待したいところ。やはりロック解除がスムーズにできるようなスマートウォッチが発売されたら、その需要は一気に高まる可能性が高いですね。




全体的なスペック向上





上記にもある通り、AppleWatchはまだまだ動作が遅いことが課題としてあげられています。これの改善が今回されていくのは間違いないでしょう。AppleWatchは毎回1から2、2から3と確実にスペックが向上してきているため、今回のAppleWatch4でも間違いなくスペックは向上していくでしょう。




アプリの起動、終了に関しての動作などが軽くなっていけば更に使いやすくなること間違いなしです。




これにはかなり期待したいですね。




AppleWatch4は画面が頑丈に?





AppleWatch2の画面の素材は非常に傷のつきにくい頑丈なものでできていました。しかし、実はAppleWatch3になった際に素材が変更されたためか非常に傷つきやすいという報告が多々あったことはご存知でしたか?




AppleWatch4では素材を以前のものに戻し、画面が頑丈になるのではないかと期待しています。




AppleWatchはスマートウォッチなので、スマートフォンよりもむき出しで使うことが多いハズ。であればやはりAppleWatchの画面には頑丈さが必要です。




それはおそらくAppleも重々承知のはずなので、今回のアップデートでは画面が頑丈な素材に戻されると考えられますね。期待大です。




AppleWatchのヘルスケアに関する性能アップ





都市伝説ではありますが、AppleWatchは元々、ヘルスケアの性能をアップさせることによって多くの人の命を助けたいという思いから作られたという説があります。




そのため、アップデートのたびにAppleWatchはヘルスケアに関してかなり力を入れてきたといいます。




今回噂されているのは心電図が追加されるとのことで、急な事態に発展した際にはスマートフォンなどと連携して緊急連絡、なんて新機能もついてくるかもしれませんね。




近未来感がスゴイです。このままAppleWatchはどのように進化していくのか、非常に楽しみです。




アップル製品ならソフトバンクオンラインショップがオススメ!こちらで製品の予約、購入ができます。








スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 838 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*