AQUOS 8K シャープが8Kテレビを発表!実売価格100万円!

コンシューマー向け8Kテレビが発売されます、やはり第一弾は「シャープ」!その名もズバリ「AQUOS8K」。モデルは現在発表されている70インチのみで、実売価格は100万円前後としているようです。モデル名は『LC-70X500』となっています。発売日は2017年12月1日。









8K放送は2018年12月からを予定しているので、シャープの説明でも「2018年12月開始予定の8K実用放送に先駆け」としています。まだ買うにはちょっと早いかなと言う気がしますね。なお、チューナーは非搭載ですが、液晶パネルはネイティブでの8K解像度仕様となっているため、単純にキレイな映像を楽しみたいという方には買うのもアリなのかもしれません。









今購入しても使える?








スポンサーリンク










やっぱり疑問はそこですよね。ズバリ使えます。そして液晶パネル自体の解像度が高いので、単純に画質は良いです。映像規格としても8Kの映像は非常に優れていて、4Kでは60Hz(1秒あたりの静止画が60枚)なのに対して、8Kでは120Hzまで向上しています。ほんとにさっくり説明すれば間違いなく画質は良いです。









そして8K放送が始まっていないのも確かですが、シャープの回答としては「現行デジタル放送や8K放送を8K解像度にアップコンバートして表示可能」としています。つまりテレビが多少は変換してくれるから8K放送は始まって無くても使えるよ〜ということをいっているわけですね。









8Kってどれくらい綺麗なの?








数字で表すと4k=横約4,000×縦約2,000の解像度で8K=横約8,000×縦約4,000の解像度、画素数で言うと4Kテレビが約800万の画素で映像を表現するのに対して、8Kテレビでは約3300万もの画素で表現できる。つまり8Kは解像度まるまる4倍ほどになるということです。









実際に見ているような立体感なども大幅に強化されており、この数字だけ見ても非常にキレイな映像を映し出せることがわかります。色の規格では、現在の4 Kテレビは10BT、8Kテレビは大きく広がり、12BTになる。8Kは4Kより、色の移り変わりはよりなめらかに表現できることがわかりますね。










スポンサーリンク












まとめ










8Kテレビの魅力はズバリ「没入感」です。映像は実際に見てみなければわかりませんが、数字だけを比較してもこれだけ差があるので、売り場などに見に行くのはアリですよね。購入に関しては、筆者としてはまだ速いような気もしますが。









売り場で見て一目惚れ、なんてこともあるかもしれません。それだけのスペックはあります。特に向いているユーザーはずばり「映画鑑賞」をメインとする方などではないでしょうか。テレビの放送は一年後になるので、自宅で見る映画のクオリティを上げたい方には購入要素アリかと思います。



























About 小鳥遊ユウ 647 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*