麻原四女の経歴学歴、松本聡香の本名やコメントの内容とは?【画像】

麻原彰晃といえばかなり有名な人物ですよね。オウム真理教の教祖として君臨していた人物ですが、かなり謎が多い人物でもあります。そんな麻原彰晃さんの四女が今注目されているようです。麻原彰晃の四女とは一体どんな人物なのか、調べていきましょう。




・麻原彰晃の四女の名前や経歴


・麻原彰晃の四女のコメントの内容とは


・麻原彰晃の刑は本当に執行されたのか





麻原彰晃の四女の名前や経歴





スポンサーリンク







麻原彰晃の四女である松本聡香さんについて調べてみました。実はこの松本聡香さんについてわかっていることは殆ど無いようです。わかっていることは1989年生まれの29歳であること。顔画像なども出回っていません。




というのも松本聡香という名前も本名なのか、偽名なのかははっきりと分かっていないのです。松本聡香の名前が出てきたのは2010年、著書である「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」を刊行した際にペンネームとして使っていた経歴があったようです。




2014年には「オウム事件について知ってからは、幸せとか喜びを感じるたびに、オウム真理教はそんな普通の人のそういう喜びを奪ってしまったんだなと感じざるを得ない」ともコメントしています。




どちらかというと一般人より?な感じがします。学生時代はオウム真理教の起こした出来事からかなり辛い目にあってきたとのこと。学校に通うのも困難だったようですよ。




あれだけのことをしでかしたのですから当然非難の目も向けられるでしょうけれど・・・。




オウム真理教や家族とは絶縁状態でほとんどホームレスのような生活をしていたことも明かしています。




そして今回麻原彰晃に系が執行されたことに関する松本聡香さんが出したコメントの内容としては・・・




・執行はされるべきだった。


・残念なのはかつての弟子であった元幹部まで執行されてしまったこと。


・責任の重さ的にも宗教的な理由でも教祖1人が執行されるべきだった。


・まだ信仰がある信者たちにははやく夢から覚めてほしい




とのこと。麻原彰晃の四女ともなればもうちょっとヤバイ人物なのかと思っていましたが・・・。非常に冷静ですね。しかしこれもどこまでが本当の気持ちで話しているのか謎です。




麻原彰晃も刑の執行前に自身の骨は四女に渡すように伝えていたと報じられていますよね。何かしらの意図があったと考えられます・・・。




しかしそれも謎のまま、その意図とは難だったのか。もしかすると四女の松本聡香さんは別の宗教団体でトップに上り詰めるために骨を受け取ったのかも?宗教では度々骨などが聖なるものとして見られることも少なくありません。




それを所持することに意味があるとするなら・・・。




松本聡香の現在はなにをしている?




スポンサーリンク







今現在の様子やなにをしている人物なのか、情報が殆ど出てきませんね。松本聡香さんは上記にもある通り、それが本名なのかどうかすらわかっていない状態ですからね。




教祖の三女として生まれ、教団内部で「アーチャリー」の名前で呼ばれた松本麗華さんのTwitterアカウントに、嫌がらせとみられる多数の誹謗中傷が相次いでいる。

転入先での反対運動や、小学校でも通学拒否に遭うなどの運命に翻弄された麗華さんが、刑執行で再び心無いネット上のコメントの嵐にさらされている。一方で、Twitter社に対し、削除の通報をしようという呼びかけも始まっている。     引用:https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/05/matsumoto_a_23475830/




三女の麗華さんはかなり苦労しているようですし、四女の松本聡香さんも情報をあえて出していないのでしょう。苦境に立たされ続けることは間違いないと見られます。




Twitterの反応



















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 594 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*