200g以下最強のドローン2選

どうも、チョコレートはビター派、タカナシです。




200g以下の最強ドローンはどれ?





一つ目は以前高城剛さんの著書「ライフパッキング2.1」を読んだ際に見つけたドローン。ONAGOflyです。








スマートナノドローンと言う名の通り、重量は200g以下の小さなドローンでありながら性能はこのサイズでは充分すぎるほど高いです。どうやって詰め込んだんだ?と思えるほどに。




200g以下のドローンって何が良いの?





以前にも記事にしましたが、日本では国土交通省が定める航空法の規定により重量200g以上のドローンは飛行する場所などで制限を受けます。その点200g以下のドローンはおもちゃとして扱われ、規制の対象外になるのです。




そのかわり200g以下というハードルは高く、本当に必要最低限の機能しか搭載できない物がほとんど。やはりほとんどのドローンの小型化は未だ難しいのでしょう。ですが、その壁をぶち破ったのがこれから紹介する2つのドローンです。




iPhone6sと同程度のカメラ





15メガピクセルとフルHDの高解像度カメラを搭載。残念ながらジンバルまではついていませんが、このサイズなら充分すぎるほどの性能と言えるでしょう。




GPSによるナビゲーション





屋外であってもスマートフォンと連携してGPSを検知、安全な操縦をすることが出来ます。



障害物探知機能





赤外線による障害物探知までついています。最早至れり尽くせりです。Phantom3Proにもこの機能は欲しかった。




15分飛行可能な大容量バッテリー搭載





このサイズで15分飛べるのは本当にすごいです。他社では10分以下というあたりが妥当ではないでしょうか。




自動追跡機能





対象物を記憶して追跡する機能まで!完全にオーバースペックです。これの次世代機が出たらさらにすごいことになるのでは?かなり大注目のドローンです。




機体重量199g!Dobby





次に紹介するのがこのドローン。機体を折りたためてポケットサイズになり、しかも重量199g。規制対象にはなりません。カメラもフルHD。申し分ないですね。プロペラを折りたためるのは個人的にポイント高いです。ポケットにスッと入るのは良いですね。








バッテリーは約9分!惜しい…





先に紹介したONAGOflyに比べると少し見劣りしますね。こちらは予備バッテリー2,3本は必須になるでしょう。ちょっと惜しい感じです。ですがUSB式なのでモバイルバッテリーなどを使えば屋外でも充電しながら使えるので、及第点ではないでしょうか。




1300万画素のカメラで4K写真を撮影できる!





動画ではフルHDと先述しましたが、写真は4Kです。これもおすすめポイントの一つですね!そしてジンバルこそ付いてはいませんが、三軸の電子手ブレ補正機能がついており、空撮中の細やかなブレを軽減してくれます。




追尾機能、GPSも付いている!





オススメ2選に入れた理由の一つです。200g以上のドローンでも追尾機能が付いていなかったりするのに、ドローンの進化は本当に速いです。普通に高性能ドローンですよコレ。セルフィードローンの名は伊達ではないということか…!!





今回紹介したドローンならば初心者でも扱いやすく規制対象にもなりません。是非200g以下のドローンから入ってみるというのも検討してみてはいかがでしょうか。

About 小鳥遊ユウ 647 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*