佛教大学パワハラ教授は誰?顔画像と名前は?【パワハラ内容】

佛教大学の男性教授が同僚の女性にパワハラで懲戒処分になっていたことがわかりました。最近パワハラの問題、多いですね。そのパワハラをした男性教授は文学部の50代男性とのこと。顔画像や名前を調べてみました。




・佛教大学パワハラ教授は誰?


・佛教大学パワハラ教授の名前と顔画像


・パワハラ被害女性の顔と名前





佛教大学パワハラ教授は誰?





スポンサーリンク







佛教大学の男性教授が同僚女性にパワハラとのことですが、男性教授の情報は今の所・・・




・50代男性




・文学部の教授





この2つしかわかっていません。調べてみた所、文学部だけでも様々あり、日本文学、中国学科、英米学科などがあり、職員の数も多いため特定には至っていません。




ニュースサイトなどでも特定できそうな情報はありませんでした。




情報が入り次第記事を更新していきます。




佛教大学のパワハラ問題の内容





スポンサーリンク







佛教大学(京都市北区)は17日、同僚女性に対するパワーハラスメントがあったとして、文学部の50代の男性教授を戒告の懲戒処分にした。

 大学によると、教授は平成28年6月~29年12月、同じ学部で勤務する非常勤講師の50代女性に対し、仕事でのトラブルを理由に、女性の性格や知性などを否定する内容のメールを何度も送るなどした。教授は「自身の言動に誤解される点があったかもしれない。反省している」と話しているという。

 女性が昨年12月、大学の相談窓口に通報して発覚。女性は精神の不調を訴え、病院への通院歴もあるという。   引用:Yahooニュース




パワハラを行っていた期間は2016年6月〜2017年12月までの間だそうです。一年半もの間ネチネチとメールを送っていたわけですね・・・。




最近パワハラ問題は数多く露呈してきていますが、今回は「メールでパワハラ」という新しい形ですね・・・。文学部だからでしょうか。




冗談はさておき、仕事のトラブルが原因とは言えわざわざメールでネチネチとパワハラ的な内容のメールを送り付けるなんて結構嫌なタイプのパワハラですね。




職場でずっとそんな事をされていたら、かなりキツそうです。




しかもその内容も「正確や知性を否定する」ような内容だったということで・・・。陰湿ですね・・・。




被害女性は精神的にも疲弊していることは明らかなようなので、今回の懲戒処分は妥当とも言えますが、こういった精神的な問題は後に残ったりすることもあります。被害女性に対してサポートも必要になってくるでしょう。




本当に最近はパワハラ問題が多いですね。




日大チアのパワハラ問題はコチラ




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*