【カメラを止めるな!】パクリ盗作疑惑で炎上!原作の名前とガセ説?

ネット上で話題になり大ヒットを記録している映画「カメラを止めるな!」がパクリ盗作疑惑と話題になっています。今回のパクリ盗作疑惑が本当ならば原作と見比べてみたいですね。原作者の言い分はどのような内容なのか、そしてネット上でささやかれる「売れたから騒ぎ出した」というガセ説についても調べていきましょう。




・カメラを止めるな!パクリ盗作疑惑?


・原作者と原作の名前


・「カメ止め」パクリ盗作疑惑は本当なのか?ガセ説も





カメラを止めるな!パクリ盗作疑惑?





スポンサーリンク







大ヒット中の映画「カメラを止めるな!」がパクリ盗作疑惑って一体・・・。この作品の監督は上田慎一郎監督。記事ではカメラを止めるな!をオリジナルの脚本だと思われるのが納得行かない、というように原作者は語っているとのこと。




インタビューなどによると、上田慎一郎監督は小さな劇団の舞台を見て「この舞台、面白いな。」と感じて映画化したいと言う旨を伝えたのだそうです。




すると脚本家は「ぜひ!」ということで映画化の話がまとまり、「カメラを止めるな!」は映画化にまで至ったとのこと。これが本当なら許可をとっていることになります。




しかもこの時、この舞台の構想は参考にしたものの、殆どはオリジナルとの見方もあるようです。構想だけが同じ。




では原作と言われる舞台の詳細について調べていきましょう。




カメラを止めるな!の原作





カメラを止めるな!の原作と言われる舞台は「Ghost in the box!」という舞台。2011年に公開された劇団Peaceによるもの。




Ghost in the box!もまた、人気を博したホラーコメディとのこと。




しかしここで詳細に構想を語ってしまうとカメラを止めるな!の構想もわかってしまい、若干のネタバレになりそうなのでここでは書きません。それだけこの映画は構想が非常に重要な意味を持った映画とのこと。ニュースサイトの記事などでは重大なネタバレが含まれていたりしたので・・・見ていない人はちょっとネタバレされたら可哀想ですよね・・・。




カメラを止めるな!の原作者は誰?





カメラを止めるな!の原作とも言える「Ghost in the box!」の脚本家である荒木駿さん、演出家が和田亮一さん。今回話題になっているパクリ盗作疑惑で起こっているという原作者は和田亮一さんということになりますね。




しかし和田亮一さんは、実は今回のパクリ盗作疑惑について知らなかったようで・・・これにはネット上ではパクリ盗作疑惑はガセなんじゃないかとするガセ説が流れているのです。




カメラを止めるな!のパクリ盗作疑惑はガセ説





スポンサーリンク












なんと7月の時点では和田亮一さんはTwitterで「カメラを止めるな!めちゃおもしろかった。作り手のみんな、映画が好きなんだなぁと思えた。あの頃命かけて大好きな仲間と作ってた作品がこんな感じで命を与えられてて、本当に嬉しかった。最高でした。」と呟いています。









あれ?カメラを止めるな!が売れる前は普通に見てるし、原作も自分の映画ってことわかってるっぽい?





これは謎です。この時すでに和田亮一さんは自分の作品が原作でこの映画が作られたことを理解してるっぽいのにもかかわらず、今現在はパクリ盗作疑惑として怒りの声を上げています。




これにネット上のユーザーたちは「売れたらパクリと騒ぐ人が出てくる」というような反応を見せています。




しかし、そんな単純な話でもないような・・・。どちらにしてもこの映画の疑惑は晴れるのか、本当7日、ガセなのか、今後の進展があり次第記事を更新していきます。




Twitterの反応



















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

1 Trackback / Pingback

  1. 上田慎一郎の経歴プロフィール!結婚や嫁と子供は?【カメ止め監督】 | タカナシ情報部

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*