カメラの基本テクニック其の一

こんにちは、カメラのウンチクを語る男、タカナシです。

今回はカメラ初心者の為の基本テクニック10選を書いていきます。今回も最後までお付き合いよろしくお願いします!

早速其の一、データの保存はRAW+JPEGを選択!


これは少し面倒な部分かもしれません。が!後々非常に大事になります。なぜなら、これから写真を撮っていくにあたり、後から画像を編集するようになっていく可能性が非常に高いからです。最初はそのままでも、後々は編集の楽しさもカメラの楽しみの一つになっていくでしょう。

RAWというのは生の状態を表し、JPEGは加工後というイメージです。RAWの状態で保存しておくことで後からの加工に使うことが出来ます。ボクもPhotoshop等を使うのでこの設定にしています。設定自体は簡単に出来るので、カメラの設定からいじっておきましょう。

バックアップ(予備の保存)は必ず取りましょう!


これは非常に重要です。ボク自身、バックアップを取っていなかったため、旅行中に撮った写真全てを失ったことがあります。できれば2つ以上取っておきましょう。その時に撮った写真はその瞬間にしか撮れません。多少のお金をかけてでも残しておくことで後から価値が出てきます。これは絶対しておいてほしいことの一つです!


絞り優先モードを使いこなす


ここは前回に書いた部分ですね、理由などについても書いているので前回の記事を参照してください。

画像編集を覚える


先にも書きましたが、カメラの楽しみの一つになるであろうものの一つです。写真のクオリティは撮影50%、編集50%です。撮影の練習も大事ですが、編集の練習もぜひしておいてほしいです。ボク自身かなり後から初めて四苦八苦しているところです…。

オススメのアプリケーションはLightroomとPhotoshopです。

水平をしっかり合わせる


カメラの性能の向上や情報を手に入れやすくなった事に伴いアマチュアとプロの写真の差は時代とともに縮まっていると言われている現在ですが、こういった時代だからこそ、細かい部分に実力が出ます。その一つが水平にしっかり撮れているか、なのです。もちろん、わざと水平からずらす写真もありますが、基本はしっかり合わせましょう。

編集で画像をいじりすぎない


編集は大事と散々書いてきましたが、それでもやりすぎるとやはり良くないです。ボクも編集が楽しくて色々いじりすぎて逆に汚い写真を量産していました。笑 細かい部分を程よく出来るのが本当のキレイな写真になるのです。楽しいのはわかりますが。

そして最後に

写真を撮り始めたら、ぜひSNSで挙げてみたり、印刷して飾ってみたりしてくださいね、人に観てもらうことで更に楽しみが広がるはずです。そして人に見せ続けることであなたの写真の腕を磨いていくきっかけにもなるはずです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。次回もよろしくおねがいします!それではまた次回もゆっくりしていってね!

About 小鳥遊ユウ 594 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*