栗山千明 結婚式の理想を語る ドラマや舞台での役はぴったり?

女優の栗山千明(32)が28日、都内で出演舞台「ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜」の公開稽古を行った。結婚式前日の男女と、その親が繰り広げる会話劇である今回の舞台。




理想の結婚式像を聞かれた栗山が「ないです」ときっぱり答えた。




ネット上の噂






スポンサーリンク







実はこれまでにもネット上で栗山の結婚に関する都市伝説がまことしやかに語られてきた。それは「実はもう結婚している」だとか、「結婚相手はオダギリジョー」など、事実でこそないが、噂が絶えない人なのだ。それだけ多くの人が栗山の結婚について興味があるということだろう。









フジテレビ系スペシャルドラマ『でも、結婚したいっ! ~BL漫画家のこじらせ婚活記~』では












今回、婚活に奮闘するBL漫画家を演じる栗山だが結婚への興味に変化が生まれたかどうか聞かれると「結婚に焦ったことはない」とアッサリ。「人と生活することができるのだろうか…。本当に生活する上で人に合わせるってことができるのか大変そう」とぶっちゃけた。









理想の結婚相手については?










ドラマの取材にて栗山は、理想の結婚相手は「ネコのような人」と答えている。マイペースな性格で知られる栗山、プライベートでもそうであるようで、家にいてもお互い自分の好きなことをしたりゴロゴロしていられる人がいい。と語っている。なんとも親近感の湧く話題である。









アニメ好きが集まる街コンに興味あり?






スポンサーリンク







栗山自身は大のアニメ好きを公言しており、「私は昔から結構、言っていたので時代が私に追いついてきた」と得意げに語った。「なにかで見たんですけどアニメ好きの方が集まったり街コンがあるみたいで。共通の趣味から出会うのは話も盛り上がって楽しそう」と興味を示していたようだ。









そんな街コンがあったら行きたい。誰もがそう思ったはずだ。今年で33歳になる栗山千明、結婚についてはまだ何も情報がないのが現状である。









栗山 千明(くりやま ちあき、1984年10月10日)は、日本の女優、タレント、モデル、歌手。茨城県土浦市出身。日本音楽高等学校卒業。スペースクラフト所属。インドア派で、趣味はアニメ、ゲーム、少年漫画、読書など。『AKIRA』などのフィギュア収集をしている。きっかけとなったのは、『新世紀エヴァンゲリオン』。同作の登場人物・綾波レイが理想の女性であり、渚カヲルが理想の男性であると公言している。声優の林原めぐみと石田彰のファンでもある。最近では『侵略!イカ娘』や『夏目友人帳』がお気に入りである。
ガンダムシリーズのファン。見始めたきっかけは小学校低学年の頃に、それまで会話のきっかけがつかめなかった11歳年上の兄とレーザーディスクでガンダムを一緒に見て「ガンダムの話題なら会話できる」と感じたため。なお、千明と名付けたのは兄である。wikipedia参照









About 小鳥遊ユウ 842 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*