北海道大学教授が中国で拘束されました。この拘束された北海道大学教授の名前と顔画像は?


ということで今回調べてみました。なんでもスパイ容疑で拘束されているようで、


その理由についても気になりましたので調べてみた次第です。


中国当局は日本との関係が悪化しない程度に少しづつ


拘束するなどの強行措置に出てくると思われます。そう考えるとその手が


一般人に伸びるのはいつになるのか・・・。非常に恐ろしい未来が垣間見えます。


北海道大教授が中国で拘束!




スポンサーリンク





【北京時事】9月に中国を訪問していた北海道大の40代の日本人男性教授が、

中国当局に拘束されたことが18日分かった。関係筋が明らかにした。

教授は中国政治や中国の近現代史が専門で、防衛省防衛研究所や外務省で勤務した経験がある。

スパイの疑いを掛けられた可能性がある。

中国では2015年以降、スパイ行為に関わった疑いなどで、少なくとも日本人男女9人が逮捕、
起訴されたことが判明しているが、いずれも民間人。準公務員である国立大の教員が拘束されたのは初めてとみられる。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101801380&g=int


日本人で、準公務員という立場の人間が拘束されるというのは始めてのようで、


これが日本政府の反応が少なければさらに中国での拘束のリスクは高まりそうです。


国家機密などの重要な情報を手に入れるためならば中国は何でもするでしょう。


北海道大学教授は誰?名前と顔画像




スポンサーリンク





北海道大学教授

北海道大学の教授であり、外務省や防衛省との関わりを考えると一人の人物が浮かび上がります。


・岩谷將(いわたに のぶ)

・42歳?

・防衛省付属防衛研究所

・外務省に勤務経験あり


こちらの岩谷將さんは40代と見られますし、条件に合致するように思います。


ただ、今の所推測の粋を出ていません。本当にこの岩谷將教授が拘束されたのかどうかは確認され次第


記事を更新していきます。


スパイ容疑をかけられた理由はなぜ?




スポンサーリンク





中国に拘束された理由としてスパイ容疑が挙げられていますが、しかしこれは言いがかりでもなんでもできるんですよね。


中国にとって不利益なことをしたとふっかければ誰でも拘束できるので


今回拘束されたのもただ単に情報を集めるため、


重要な機密情報などを手に入れるためではないかとも考えられます。


このような行為がエスカレートしていけば、さらに中国は日本への強硬姿勢を強めることになるでしょう。


ネットの反応




スポンサーリンク