コインチェック内のXEM(NEM)コインが620億円盗まれる!原因は?

日本で最も使われていると言われている仮想通貨取引所であるコインチェック(coincheck)にて、ハッキングによるコインの引き出しがあったと見られています。現在は原因を調査中で、620億円にものぼるXEM(ネムコイン)が不正に引き出されたようです。今回の事件で困るのは何もXEM(NEM)コイン所持者だけではありません。日本円や、他の仮想通貨を預けている人たちも引き出しができない状況になっているのです。


入出金一時停止・・・。以前のマウントゴックス(ビットコイン持ち逃げ事件)を彷彿とさせる事件ですね〜・・・。今回違うのは不正なハッキングを受け、会社側も被害者であるということです。残念ながら今回の問題はかなり深いところにあるようです。




・コインチェック(coincheck)のセキュリティに問題あり?不正なハッキングでXEM(NEM)コインが620億円引き出される!


・ハッキング元は中国?


・入出金一時停止で日本円は戻ってこない可能性も・・・





スポンサーリンク





コインチェック(coincheck)のセキュリティに問題あり?不正なハッキングでXEM(NEM)コインが620億円引き出される!










コインチェック公式からもアナウンスが出ている通り、現在は日本円含めて入出金は一時停止となっているようです。今回の事件に巻き込まれたのはXEM(NEM)コイン所持者だけではないんですね。かくいう管理人も巻き込まれています。笑




現在は会社の発表を待つことしか出来ませんが、このままではコイン保有者に対して補償などは出来ない可能性が高そうです。









本社前でも多くの人が集まっていたようですね。会社側としてもどうにもならない状態が続いているようです。このままだとお金は帰ってきそうもありませんね・・・。はたしてどうなるのか。




コインチェック社は金融庁の仮想通貨交換業者に登録されていなかった!






 このコインチェック社、現在は金融庁の仮想通貨交換業者の登録が行われていない事業者で、暗号通貨「XEM」に限らず万一の事態が発生した場合の投資資金の保全や補償が行われるのか未知数であるため、一般的には取引所に暗号通貨を留めおかないことが望ましいとされています。それでも、相場が大きく下落すれば保全した暗号通貨が目減りするわけですが、現在株式市場上場を目指している取引所大手のビットフライヤー(BitFlyer)社などでは証拠金取引と呼ばれる借り入れによるトレードが15倍という高いレバレッジ率で取引されることも少なくなく、FX市場以上に賭博性の高い状況に陥っているのが仮想通貨取引であるといえます。


関係者によると、投資家の資金を保全するための措置をどうもコインチェック社は取っておらず、この方針はコインチェック社の経営方針に深い影響力を持っている佐俣アンリさん率いる株主の「ANRI」によるものだと言われています。これがマウントゴックス社の事例のようなクラッキングによる盗難であったとしても、取引所は投資家の資金を可能な限り返還する必要がありますが、取引所がきちんと投資家保護のための口座分割をせずただ利益拡大のためにずさんな経営管理をしていたのだとするならば経営陣のみならず株主も責任を問われることになるでしょうし、仮想通貨全体の相場観を大きく冷やすことにもなるでしょう。

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180126-00080895/





金融庁の仮想通貨取引事業者に登録されていなかったことも今回注目を集めていますね。しかし重要なのはセキュリティの問題。これについては防げなかった、という事実が露呈しただけで大きな問題になりますよね。他の取引所もコレ意向は狙われ続ける可能性が高くなりますし、仮想通貨自体の信用性を失うことにも繋がります。しばらくは仮想通貨史上は冷え込む可能性が高いのかもしれません。




ハッキング元は中国の可能性??






一般論としてはサイバー攻撃事案ですが、今回問題となっている暗号通貨「NEM」は、中国製チャットアプリ「WeChat」や中国での取引所で兌換できる仕組みを有しており、もともと中華圏からの不正なアクセスが多い暗号通貨のひとつとされてきました。他の取引所も含めて、暗号通貨の取引にあたってはサイバー攻撃(国家的、民間を問わず)に対する適切な防御策が取れない限り、サイバー盗難の問題を起こしやすいことはよく承知したうえで消費者に暗号通貨の安全な取引が実現できるよう周知しておかなければならないと思います。

 今回のコインチェック社は、状況を覆い隠さず早期に公表する義務を持つと思いますが、いまの段階では所轄署に被害の連絡はまだきていない模様です。


引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180126-00080895/





今回未だにハッキング元ははっきりしていないようですが中国の可能性が高いようですね。しかしなんとも言えないというのが正直なところ。コインチェック社にはハッキリと特定してほしいです。




Twitterの反応




スポンサーリンク
































































































About 小鳥遊ユウ 891 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

1 Trackback / Pingback

  1. ホワイトハッカー水無凛(みなりん)の正体とは!?17歳JKって本当? | タカナシ情報部

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*