こみっくがーるず2期続編はいつから放送?内容とあらすじは

『こみっくがーるず』2018年春アニメにおいては、日常アニメの良作でした。かわいくて笑えるところはもちろんですが、個人的には背景の美しさや構図の奇抜さに驚かされることが多かった印象で、日常アニメを超えた凄みのようなものを感じました。

 

アニメ放送が終わってかおす先生ロスに悶える人は『こみっくがーるず』の2期続編はあるのか?放送はいつから?が気になるところですね。調査・考察しましたので紹介していきましょう。

 

原作ストックはある?




スポンサーリンク






2期製作の時期を左右するのが原作ストックです。原作のストーリーが溜まっていなければそもそもアニメ化ができないためです。







 

『こみっくがーるず』の原作は、はんざわかおり氏によるマンガで2019年1月時点で4巻までが発売されています。まんがタイムきららMAXにて連載中です。

 

原作コミックスはおよそ1年に1冊のペースで刊行されています。アニメ1期はコミックス3冊分を映像化したので、このペースで行けば2020年には2期を作るだけの原作ストックが溜まると予想されます。

 

2期があるとすれば少し先の話になりそうです。

 

円盤売上は?




スポンサーリンク






円盤(DVD/Blu-ray)はアニメ製作委員会の貴重な収益源となるため、その売上は続編制作を大きく左右すると言われています。およそ3,000枚〜5,000枚が2期製作の分水嶺であるとされます。

 

『こみっくがーるず』の円盤売上は初動で「1,744枚」です。商業的成功と呼ぶにはやや少ないかなという印象ですね。今後、じわじわと伸びて最終的にせめて3,000枚くらいには行ってほしいところです。







 

とは言え、円盤ビジネスが崩壊しかけていると言われる中での1,500枚超えは少なくとも「爆死」ではないでしょう。商業的に利益が出たかどうかはわかりませんが、失敗ではないように思います。

 

評価・評判は?




スポンサーリンク






『こみっくがーるず』は2018年春アニメの中ではダークホースと言っていい作品でした。個人的には「いつもの萌え系日常アニメ」としてスルーされるかと思いきや、(私を含めた)一部ファンからは熱狂的に支持されていた記憶があります。レビューも上々です。

 

アニメ放送が終わってしばらく経った現在でも、例えばニコニコ動画のコメントで「かおす先生」とネットミームとして頻繁に流れてくるのを見かけます。ファンアートや二次創作も活況です。

 

今後も根強い人気を維持し続けるものと思われます。

 

で、2期はある?







以上のことから『こみっくがーるず』2期製作の可能性は「20%」と低めに予想しておきます。時期としては原作ストックとの兼ね合いから2020年以降でしょう。

 

『こみっくがーるず』の人気が低いわけでは決してありませんが、相対的にもっと人気の作品があるので2期が作られるなら、そちらが優先されると思われるのが低めに予想した理由です。

 

ただ、今後も人気が維持されて、原作の売上やグッズ販売なども好調であれば2期製作の気運が高まる可能性は充分にあります。少しだけ期待して待ちましょう。




スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*