サイバー攻撃多発中!一体どこから?NTTドコモのルーターを悪用か

近年、日本に限らず世界規模でサイバー攻撃と言うものは増加の傾向にあるようで、今までは日本での被害というのは非常に少なかったのです。


それが最近になってわかった”サイバー攻撃”の手口とは、「NTT Docomo」のモバイルルーターを経由した悪用方法。


普段何気なく使っているwifiから、もしかしたらあなたのスマホも今、誰かに覗かれているのかもしれません。自分には起こらないだろう、という意識はもしかしたら、本当に危険かもしれませんよ?




サイバー攻撃の被害にはどんなものがある?




スポンサーリンク






一般的に多い被害だと、他人のスマホを経由して悪用されるパターンですね。これはどういう事かというと、赤の他人があなたのスマホを使ってウイルス等をバラ撒いたり、サイバー攻撃をしたりするのです。


ハイ、よくわからないですよね。ものすご〜く簡単にいうと、あなたのスマホを遠隔操作して勝手にエロサイトを見るくらい極悪です。さらにいうとダウンロードまでしちゃう。みたいな極悪さなのです。これって怖くないですか?


しかもこの被害の場合、被害者は気づきにくい場合が多いのです。というのももちろんバレないように相手は遠隔操作してくるので、普段スマホを使っているのと何ら変わらない画面や動きをしている裏側でこういった操作がされているのです。




次に挙げられるのはズバリ”カメラ”です。これは映画「スノーデン」の中でも取り上げられていました。


この映画は2013年6月にアメリカ政府の監視システムを告発したエドワード・スノーデンを追ったドキュメンタリー映画です。映画とはいえ、これは実話なので、気になる人は是非、見てみてくださいね。


今の時代、スマートフォンやパソコンなど、身近なものにどんどんカメラやGPSなど、個人情報を特定できるものが溢れています。誰が誰に、どんなメールを送ったのか、電話の通話記録を聞かれたり、最近では「LINE」の乗っ取りなども増えていますよね。


それを個人、あるいはグループで監視される可能性があるということなのです。たとえ一般人で、そんな情報必要あるか?というものまで、悪用されたら結構、大変かもしれませんよ?


ちなみに映画「スノーデン」で描かれていたのは、実在する人物であり、アメリカ政府の「監視」体制を告発した張本人、エドワード・スノーデン氏の半生が描かれています。


自分が務める先で政府の監視体制を目の当たりにしたスノーデン氏は非常に混乱していました。もちろん現在も存命です。






エドワード・スノーデンが語る「日本は危ない」






映画の中でも描かれていましたが、スノーデン氏は実は”日本でスパイ活動をしていた時期もある”のです。スノーデン氏は日本に2年間ほど住んでいた時期があり、その際にも監視の為の仕事を任されていたことがあるのです。


これほどまでに細かく、しかも本人からの告発があったにも関わらず、日本ではさほど話題になりませんでした。これこそが非常に危険なサインですよね。明らかに報道などに偏りが見られます。


そしてその後すぐに制定された法律が”特定秘密保護法”です。これは何か…関係するような気がしませんか?




スマホ14万台が乗っ取り被害を受けている?




スポンサーリンク





日本を含む世界中のスマートフォン14万台がスマホの乗っ取り被害、サイバー攻撃への悪用に使われていたことが、情報セキュリティー会社の調査によってわかったようです。


これはもう他人事ではいられない状況ですね。それも上記にある通り、ドコモのモバイルルーターの欠陥を突くと誰もが悪用できてしまうそうなんです。恐ろしい…。


それも乗っ取られるだけでなく、あなたのスマホが悪用されるということは、あなたもサイバー攻撃に知らないうちに参加している事にもなるのです。これが本当の恐ろしさ。




特にAndroidのスマホを使っている人は要注意!






Androidのスマートフォンは特にウイルスや乗っ取り被害に遭いやすいと言われています。何故かと言うと、Androidのアプリは審査が比較的ゆるいので、そういった悪質なウイルスなどを忍び込ませるにはうってつけで、しかも世界的に見るとシェア率が高いです。





日本国内ではiPhoneが主流とも言えるほど普及していますが、それは日本国内だけの話。もちろん日本国内でもAndroidスマートフォンは普及していますので、使っている人は要注意。



ウイルスバスターなどのアプリをしっかりと吟味して使ってください。




被害に遭わないための対策






個人情報を簡単に入力しない




どこで情報が漏れるかわからないのがインターネットの常識だと考えるしかありません。ならば個人情報の扱いには十分に気をつけてください。特に個人情報の入力を求められた祭、そこが本当に信頼できるサイトか、よくチェックしましょう。


最近では偽サイトなども多く見られるので、そのサイトのURLをしっかりチェックする癖をつけましょう。





無料でパスワードなしのwifiに気をつける




外出先で、無料、パスワード無しのwifiを見つけたとしても、むやみにアクセスしないように心がけてください。そのwifiにアクセスしただけで情報が盗まれる可能性があります。もちろん全てではないので、信頼できるものなら使っても大丈夫ですよ♪





アプリは公式サイトからダウンロードする




これも鉄則です。よくわからないサイトからのダウンロードは危険です。中には悪質なアプリが含まれている可能性があります。一度感染してしまえば、気が付かないうちに何をされるかわかりません。





OSアップデートはこまめにしましょう




OSのアップデートはこまめに。アップデートはウイルス対策も含まれています。これも大事な要素なのでお忘れなく。




まとめ





スマホなどのウイルス感染、乗っ取り、悪用を防ぐには「予防」が一番効果的です。感染してからの対策では遅すぎます。


殆どの場合本人は気が付かないままに被害に遭うので、必ず予防しましょう。先に書いた対策はなるべく頭に入れてスマホを使うようにしてください。


スマホは個人情報の塊です。万全の対策をしても足りないくらいだと思って使っていれば、下手な被害に遭う確率はグンと下がります。


そしてこういったサイバー攻撃はどこから来るのか?現在既にサイバー攻撃によるインターネット上の戦争は始まっていると言われ、それが徐々に表面化してきているように思います。


ちなみに隣国の北朝鮮のサイバー攻撃部隊は意外と優秀なようですよ。これって最近の北朝鮮問題と一緒に考えると…なんだか関係がないように思えません。


もちろん断言は出来ませんが、この後どうなるか、よく見守りましょう。









About 小鳥遊ユウ 637 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*