昔はなかったという風習の恵方巻きですが、今や全国規模でコンビニを始めあらゆるところで売られていますよね。元々は関西での風習とのことで、関西以外の地域に済んでいる方にとっては昔はなかった風習なんですね。しかもこの恵方巻きにノルマを課せられるコンビニバイトの現状や大量廃棄によるコストなどから多くの人からもう販売をやめろ!という意見が飛び交っています。


なんとこの恵方巻きが売れないことで大量廃棄するコストは税金で賄われていると言います。その殆どはブタの飼料などに回され、さらに焼却処分などをする際には多額の税金が使われています。やはり予約制にするか、自宅で作るのが一番いいのではないでしょうか・・・?




・恵方巻きは無駄!もう販売やめろ!いらない!と批判殺到


・恵方巻き大量廃棄がもったいない!


・恵方巻きは関西の風習?何が由来?





恵方巻きは無駄!もう販売やめろ!いらない!と批判殺到





スポンサーリンク







恵方巻きが風習としてメジャーではないことは多くの方がご存知かと思います。しかしながらやはり商売というのは「何が流行っているのか?」ではなく「何を流行らせるか」ということがいちばん重要なのでしょう。




残念ながら恵方巻きはあまり浸透しきっていないためか大量の廃棄が毎年のように溢れているのが現状です。もともと関西の風習だという恵方巻きですが、これを全国的に販売することではやらせようとしたわけですが、それがあまりうまく行っていないのが現状ですね・・・。









税金を使って焼却処分するなんて信じられませんよね・・・。しかしそれが現実なのです。これだけの廃棄の食べ物が余っているにもかかわらず作り続けることのメリットは何でしょうか?




・常に食べ物が並んでいるコンビニ


・深夜も正月もいつでも営業するスタイル




などがメリットですよね。また、これが問題の原因でもあるわけです。確かに夜中にお腹が空いてコンビニに行けばいつでも美味しい食べ物が手に入るというのは非常に便利です。その便利さを継続するために常に食べ物を廃棄しながら並べているわけです。




本当に贅沢な話ですよね・・・。中でも恵方巻きのように期間限定商品はどれだけ売れるかわかりません。その期間だけ販売しながらさらに常に商品を並べる必要があるというのはかなりの廃棄を生み出す結果になってしまっています。




やはりこのような期間限定商品だけでも予約限定販売などにするべきでしょう。そのほうが数を少なく販売できてさらにクオリティも挙げられるのではないかと考えられます。




恵方巻き大量廃棄がもったいない!





スポンサーリンク












恵方巻きの焼却処分にかかる税金は10億円にも登ると言われています。税金ももったいないし食べ物ももったいない・・・。これだけのフードロスは日本のためにならないことばかりですよね・・・。




しかしながらこれらは中々亡くならないというのも現実です。さらに言えばこれでも昨年よりも廃棄量が少ないという見方もあるくらいなのです。




どれだけの食材を無駄にしているのか・・・。




恵方巻きは関西の風習?何が由来?





スポンサーリンク







元々は大阪発祥と言われる恵方巻き。しかし実は正確な発祥に関する文献などは見つかっておらず、その由来は諸説あるため正確な由来はわかっていないんだとか。様々な説があるため把握できていないんですね。




恵方巻きは節分の夜に恵方の方角を向いてその年の願い事などを思い浮かべて無言で食べるというのがルールのようですが、本当にどうやって始まったのか、様々な説がありながらも面白い風習ではありますよね。




やはり一部の地域でひっそりと流行っていた風習なのかもしれません。



















スポンサーリンク