フランスで徴兵制が復活!世界的にテロの危機が迫っている模様・・・

 5月14日、7日に実施されたフランス大統領選の決選投票で当選したエマニュエル・マクロン氏(写真)が、大統領に就任した。仏戦後史上最も若い39歳の大統領として、欧州や世界におけるフランスの地位回復や、国民の分断解消に取り組むと宣言した。写真はパリで撮影(2017年 ロイター/Francois Mori)

フランスで徴兵制度が復活することがわかりました。フランスのマクロン大統領が15年以上前に廃止されていた徴兵制を復活させる意向を発表しました。18歳から21歳の”男女”を対象としているようです。相次ぐテロの脅威に対抗するためだとしていて、期間は一ヶ月としています。


意外と短い期間ですが、徴兵制度復活というのは驚きですね。実現に向けてこれから紆余曲折あると思われますが、実際にヨーロッパではテロが多発しており、世界的にテロや核の危機が迫っていることは間違いなさそうです。これは日本も他人事では済まされない現状があると思われます。




・フランスで徴兵制度が復活!18歳から21歳の男女が対象!


・フランス徴兵制が復活の理由はテロの脅威への対抗!


・世界的にテロ、核の危機が迫っている!?





スポンサーリンク







フランスで徴兵制度が復活!18歳から21歳の男女が対象!





とうとうフランスで徴兵制度が復活することになりそうです。実際にフランスのマクロン大統領が軍の幹部らに向けて発表したようです。15年以上前にすでに廃止されていた徴兵制ですが、世界的にテロの危機などが広がっている現状から、このような判断を下したと見られていますね。









ロシアとの関係性も重要になってきているようですね。北朝鮮のみならず、核保有国の動きに敏感にならざるをえない現状も徴兵制復活の理由になりそうです。




フランスのマクロン大統領は、軍の幹部らを前に演説を行い、15年以上前に廃止された徴兵制度を復活させる考えを示し、相次ぐテロの脅威に備えるためなどとして18歳から21歳の男女に対し、1か月間の兵役という形で導入を目指すと見られます。

フランスのマクロン大統領は19日、海軍の基地がある南部のトゥーロンで、軍の幹部や兵士を前に年頭の演説を行いました。

この中で、「すべての国民を対象にした徴兵制度に向けて取り組み、実現させる」と述べ、2002年に廃止となった徴兵制度を復活させる考えを示しました。

マクロン大統領は、去年の大統領選挙で、相次ぐテロの脅威に備えるためや国民の団結を強めるためだとして18歳から21歳の男女に対し、軍による訓練を中心とした1か月間の兵役の義務化を公約に掲げていました。

今後、この公約に沿った形で導入を目指すと見られますが、徴兵制度の復活には、その効果を疑問視する声や多額の費用がかかるという批判もあり、実現に向けて曲折も予想されます。




引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180120/k10011295281000.html






フランスの徴兵制は一ヶ月間!





フランスの徴兵制度は一ヶ月間とのことですので、出来ることには限りがありますね。









徴兵制度という言葉だけを見れば”戦争”をイメージするかもしれません。しかし1ヶ月という期間を見ると意外とそうでもないのかもしれませんね。武器を使った訓練などは一ヶ月ではもちろんマスターできないでしょうし、テロなどの危機が迫っているという意識を持たせる狙いなどがあるのではないでしょうか。




あるいは人命救助や集団行動に関する知識や経験を積ませるなど、ですね。危機に瀕した時に何も出来ないよりかは良いでしょう。




日本でもこういった形での徴兵制ならば必要になるのかもしれませんが、今の日本の現状を見る限り、確実に反対されるでしょう。




Twitterの反応





スポンサーリンク

















































































































About 小鳥遊ユウ 799 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*