【ガイアの夜明け】外国人実習生が働いていたアパレルブランドを特定!

ガイアの夜明けで紹介された外国人実習生の劣悪な労働環境についてTwitterなどのSNSでは炎上騒ぎとなっています。その内容とは、なんと外国人実習生が時給400円で働いていたというもの。この時インタビューを受けたベトナム人女性は日本に来るために借金まで抱えてきたというのです。同じような外国人実習生を出さないためにも、この事実を拡散する必要があるのかもしれません。




・外国人実習生を時給400円で使っていた会社の名前、ブランド名は?


・アパレル業界では普通?違法ではない現状


・外国人実習生のその後


・ガイアの夜明けで紹介された服からアパレルブランドの名前が特定される!





スポンサーリンク







外国人実習生を時給400円で使っていたブランドが特定される!





「外国人技能実習制度」では、海外にある「送り出し機関」と、日本側の「監理団体」と呼ばれる組織が連携して現地の人を研修し、日本へと派遣している。監理団体の大切な役割は、海外からやってきた実習生を受け入れている企業が、違法な長時間労働をさせていないか、最低賃金を下回る不法な条件で働かせていないか、といったことをチェックすること。国内にはおよそ2000の監理団体があるが、その“チェック機能”の役割を果たせていないところが少なくないという。あまりの労働環境の悪さに、実習生が「夜逃げ」してしまうケースも。そして、実習生が「夜逃げ」する理由はもうひとつあるという。それは、送り出し機関から日本へと派遣される際、実習生が多額の「借金」を背負ってやってくる、ということ。なかには、一人100万円もの借金をするケースも…。それを返済するために、「夜逃げ」してでも条件のいいところで働きたい実習生が多い、というのだ。では、なぜそんなに多額の借金を背負う必要があるのか…。取材を掘り下げると、「外国人技能実習制度」の深い闇が見えてきた。



未払賃金の支払いを求めて立ち上がった、中国人実習生の女性5人。10人の仲間と2年半にわたって岐阜県の縫製工場で働いてきたが、1日平均15時間、土日も休みなく服を縫い続け、支払われていない賃金は一人当たりおよそ620万円にのぼっていた。彼女たちを保護したのは、外国人実習生の待遇改善や保護活動に取り組む、岐阜一般労働組合の甄凱(けん・かい)さん。今では仲間10人も合流し、合わせて15人で縫製工場に“戦い”を挑んでいる。彼女たちが働いていた縫製工場は、「破産に向けた手続きをしているため、未払賃金を支払う金がない」としている。しかし、それは本当なのか…。甄凱さんは、縫製工場の資産を調べるなどして、なんとか未払い賃金の支払いを求めるつもりだという。しかし、5人の実習生のビザが切れるのは11月。まもなく帰国しなければならないのだ。タイムリミットまで、あとわずか…。甄凱さんと実習生たちは、未払い賃金を取り戻すことはできるのか?一方、そうした縫製工場はなぜ、法に触れてまで外国人技能実習生を働かせるのか。取材を進めていくと、そこには「Made in Japan」の“不都合な”真実が…。それは、私たち消費者も関わる問題だった。果たして、その不都合とは、一体?    


 引用:ガイアの夜明け公式ホームページ





今回紹介された外国人実習生、労働者の実態についてです。未だに未払賃金を受け取れていない人も数多くいるようです。このような状態が続いてしまうと日本のイメージダウンにつながってしまうことから、多くの人が反応しているようですね。









たしかに、特に女性用の服は安くて質もいいものが多いです。その値段で販売するにはかなりコストを下げなければ実現できませんよね・・・。








外国人実習生が作っていた服はコチラ。この画像から、なんとネット上では服のブランドをほぼ特定済みだというのです。








特定したのはコチラの画像です。完全に一致。




有名な女性服ブランド、セシルマクビー(CECIL McBEE)ですね。この服を時給400円で毎日作っていたという外国人実習生の女性。特定されてしまった以上、これからは表立ってこういった行為はできなくなるかもしれませんが、何だかもやもやする問題ですよね・・・。




アパレル業界では違法ではないのか?法律上の観点





12月12日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)が、再び外国人技能実習生の問題に切り込んだ。8月の放送で、外国人実習生たちの過酷な労働環境が紹介され大きな反響を呼んだが、今回はさらに発注元の親会社の対応に非難の矛先が向かった。

彼女たちが日々作っていたという服が画面に映し出されると、すぐにネットユーザーによってブランド名が特定された。いわゆるギャル向けの人気女性服ブランドだ。すぐさまツイッターで炎上し、トレンド入りする事態になった。

工場の弁護士「だってやれるんだもん。法律が認めているんだから」




問題になった孫請け、岐阜県の縫製工場は、実習生たちをほぼ休みなく時給400円で長時間労働させた上に、1人600万円以上にものぼる賃金や残業代が未払いのままだ。請求されると「倒産した」として支払いを免れているが、場所や社名を変えて再び開業。明らかに、国の「未払い賃金立替制度」を悪用した計画倒産だ。

請求した実習生5人は解雇され寮も追い出され、訴えはいまだ無視されている。実習生たちを支援する岐阜一般労働組合のケンカイさんが電話で問題点を追及すると、弁護士は悪びれず「だってやれるんだもん。法律が認めているんだから」と言い放った。

技能実習生の問題に詳しい指宿昭一弁護士は、こうした制度の悪用はよく行なわれており、違法ではないが「制度上の不備がある」と問題視している。本当に、技能実習生とは名ばかりの「安く使い倒す労働力」になってしまっているのだ。

親会社「法的義務のないことについて、取材には応じられません」

悪いのは直接雇用する縫製工場やその弁護士ではあるが、そこに発注しているアパレル会社に責任はないのか。ケンカイさんは、実習生たちと共に東京・代々木にある親会社へ要請文を手渡しに向かった。アパレル会社の社長宛てに辛かった労働の日々と賃金未払いの窮状を綴り、

「どうかお願いします。私たちのような実習生をこれ以上出さないと約束してください。そして、その約束を世の中に発表してください」

と訴えた。未払い賃金を払ってくれと言っているわけではなく、こうした窮状を知って、今後こうしたことがないようにして欲しいと願い出たのだ。

しかし、会社の外で待っていた担当者の対応は冷たいものだった。手紙は受け取ったが質問には一切答えず、「これでよろしいですか。もう結構です」と言って建物内へ消えた。実習生たちは中にも入れないことに呆然としていた。

後に送られてきた通知文には、「法的義務のないことについて、取材には応じられません」とあった。実習生との間に法的契約や労使関係は無く、法的要求を受ける立場も義務もないという。

確かに法的義務はないかもしれないが、道義的責任はないのだろうか。ツイッターユーザーからは「同じ日本人として恥ずかしい」など、批判や失望の声が上がり大炎上。「大手なのに危機管理ゼロなの?」といった声もあったが、彼女たちの話を真摯に受け止める姿勢を少しでも見せていれば、ここまでの批判には至らなかったのではあるまいか。

世界的にも生産現場の環境改善を求める動き

親会社としては、ちゃんと契約した加工賃を払って発注しただけで、悪徳企業は孫請けだという言い分があるだろう。もっと言えば、いい物を安く求める消費者ニーズに答えただけというかもしれない。

しかし、こうした考え方がいつまで通るだろうか。今年3月、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、工場の労働環境の改善や生産過程の透明化を求める声に押され、主な縫製工場のリストを公表した。こうした動きは欧米のアパレル企業で進んでおり、日本でも広がる可能性があるという。末端の労働環境に配慮しないメーカーは、今後淘汰されていくのかもしれない。

引用:キャリコネニュース





「計画倒産」なんて恐ろしい手法があるんですね。これは法律で規制しなければ外国人実習生だけでなく、日本人まで被害に会いかねませんよ・・・。




ちなみにガイアの夜明けでインタビューを受けたベトナム人女性は既に帰国済みのようです。あまり日本のイメージを下げるようなことをしてほしくないですよね。同じ日本人として。




Twitterでは炎上騒ぎ!?





スポンサーリンク































































About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*