[ライセンス]藤原が小説家デビュー!「遺産ゲーム」気になる内容は?

お笑いコンビ、ライセンスの藤原さんが小説家デビューしましたね。お笑い芸人さんも最近では多方面に活躍される方が増えたように思います。




以前、ピースの又吉さんが小説「花火」で小説家デビューしたのをきっかけに、こういった芸人さんが増えてくるのかな?と思った矢先、藤原さんもデビューしましたね。藤原さんも又吉さんを意識しているのか、「何かしらの賞は取りたい」と言っているようです。




やはり普段からネタ作りなどでストーリーを考えている分、こういった小説などを書くのに向いているのかもしれませんね。




もっと大きなところで言えばビートたけしさんも映画監督として活躍されていますよね。やはり同じように、ストーリーを組み立てることに長けているのでしょう。




タイトルは「遺産ゲーム」



スポンサーリンク





今回発表された小説のタイトルは「遺産ゲーム」です。角川さんから出ていますね。又吉さんの時もそうでしたが、芸人さんだからと言って小説も「お笑い」らしいタイトルというわけでもないようですね。




かなり本気度が高い作品が期待されます。実はこの作品、本人が出版社に直接売り込んだ自信作とのことで、その自信は確かなもののようです。




ですが実は制作中に「花火」が発表されたそうで、先を越された形になっていたようです。ちょっと制作中に後輩芸人が作品発表とかきついですね。笑




そんな中でもしっかりと書き終え、発売にまでこぎつけた本気の作品ということですね。さて、気になる内容は?




「遺産ゲーム」のあらすじ、内容はどうなってるの?



スポンサーリンク





発表機会に恵まれないコントネタを土台にした連作短編集、とのことです。やはりお笑い芸人としての経験を生かした形ですね。本の執筆には必ずと言っていいほど、著者の経験などが少なからず織り込まれるものなのだそうです。本人が意識しなくても、です。




ただ、この作品ではその「経験」を前面に押し出した作品になっていると思います。今、芸人を目指している方にとっては指南書に、そうでない方には芸人という職業の様々な一面を見られる作品になっているのではないでしょうか。




どちらにしても期待が高まりますね♪ 短編集とのことですが、この一冊に7編の短編作品が織り込まれているようです。どのように区切られ、どのような展開になっていくのかは、ぜひ、書店で購入してみてからのお楽しみ、ということで。




ちなみに藤原さん、インタビューにて、印税の使い道を聞かれると、「住宅ローンの返済」と即答。芸人らしからぬ現実的な使い道を考えているようです。笑





小説発表したら、もう「先生」ですからね。これからはそういった路線でやっていくのかも!?




ライセンス藤原のプロフィール





藤原 一裕(ふじわら かずひろ、1977年9月20日)は、日本のお笑い芸人であり、ライセンスのボケ担当である。
奈良県生駒市出身(本籍・鳥取県)。吉本興業所属。身長181cm、体重80kg。血液型O型。




生駒市立大瀬中学校卒業後、奈良県立上牧高等学校(現:奈良県立西和清陵高等学校)に進学、卒業。高校入学した時は学年8位の頭脳で入学、高校1年生までは成績がトップクラスだった。が、2年になり相方・井本と出会いどんどん成績が悪くなっていった。部活でやっていた空手で、奈良県で優勝、全国大会ベスト16という成績を残している。
1996年、高校の同級生である井本貴史とコンビ結成。

2014年1月28日、タレントの山口美沙と結婚することを発表。

2014年1月30日、東京都内で婚姻届を提出した。

2017年5月18日、トークライブとSNSにて第1子となる女児の誕生を発表した。

2017年9月、小説「遺産ゲーム」を発表。←イマココ



About 小鳥遊ユウ 897 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*