ジブリが日本のネットフリックスで配信されない理由はなぜ?いつから見られる?

ジブリ作品21作品がネットフリックスで見られるようになったというニュースをみて、
「日本、カナダ、米国を除く」という注意書きを見て絶望しました。

なぜ日本では見られないのか?日本の作品なのに日本で見られない、配信されない理由を
調べてみました。
ジブリ作品がネットフリックスでいつから見られるのか?見ていきましょう。


スポンサーリンク



ジブリ作品が米ネットフリックスで配信開始!





米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。
引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54593740Q0A120C2TJ1000/



スタジオジブリ作品がついにネット配信開始!ということで記事を見てみると、
しっかりと注意書きが。

日本、米国、カナダを除く

待ってくれ、と思った人も多いのではないでしょうか?
日本の作品なのになんで日本で配信しないのか?

これってちょっと気になりますよね。
今回は日本でジブリが配信されない理由を探ってみました。


スポンサーリンク




ジブリが日本ネットフリックスで配信されない理由



明確な理由は明かされていないのですが、実はジブリはテレビ業界の利権も関係しているのではないか
という推測がされます。

特にジブリは定期的に金曜ロードショーなどで放送され、
テレビ的にかなり使いやすいポイントがありますよね。

管理人も金曜ロードショーでジブリが放送されるとなると
ワクワクしていましたし、今でも放送される日はテレビにかじりついてしまいます。笑

おそらくこれがいちばんの理由なのではないかと予想できますね。


スポンサーリンク




ジブリはネットフリックスで今後いつから見られる?



ジブリが日本ネットフリックスで配信されない理由はだいたいわかってきましたが、
今後いつから見られるようになるのか?ということが気になります。

おそらくですが、今後は見られるようになるはずです。
というのもジブリとしてもネット配信は乗り気なわけですし、いつまでも
テレビに依存することはないはずです。

なので2020年内くらいにはネット配信に乗り出すのではないでしょうか?
ただ、正式には公表されていないので、確実とは言えないのが現状ですね。

ネット上での反応








スポンサーリンク