ゴブリンスレイヤーアニメ2期はいつから放送?内容やあらすじ

2018年秋アニメの話題作の一つが『ゴブリンスレイヤー』です。大人気ラノベのアニメ化というところでも話題になりましたし、第1話の過激な描写には賛否両論がありました。ここでアニメ2期はいつから放送するのか?また、可能性はどれくらいあるのかを検証してみました。

 

硬派な世界観の上で、ゴブリンだけを討伐するという数奇な運命を辿ることとなった主人公の物語は他に似たものがなく唯一無二です。アニメーションにおいても、だいたいのアニメが作画崩壊しかける第7話においてこれまで以上の力の入れようを見せつけてくれました。

 

『ゴブリンスレイヤー』の二期はあるのかを検証していきましょう。

 

原作ストックはどれくらいある?




スポンサーリンク






原作のあるアニメでは原作のストックがどれだけあるかによって、二期製作の可能性やその時期が左右されます。

 

『ゴブリンスレイヤー』は全12話でラノベ原作の3巻あたりまでがアニメ化されると言われています。作品にもよりますが、ラノベ原作ものではおおよそ4-6巻で1クールとされることが多いので、『ゴブリンスレイヤー』はかなり丁寧にアニメ化されていると言えます。

 

2018年12月時点で原作ラノベは9巻まで発売されていますので、原作ストックは充分にあると言えます。単純計算で三期まで制作できるボリュームですね。







 

円盤の売上は?




スポンサーリンク






円盤(DVD/Blu-ray)は作品の大きな収益源となるので、その売上が二期製作に大きく関わると言われています。ひとつの基準としては5,000枚が一つの分水嶺となると言われています。

 

『ゴブリンスレイヤー』の円盤はまだ発売されていないので、売上が気になるところです。予約状況から推測するにおそらく今期アニメとしては真ん中あたりに位置するのではないかと予想されます。コアなファンが多いと思われるので「爆死」ということにはならないと思います。







 

また『ゴブリンスレイヤー』は海外でも極めて高い評価を受けています。『オーバーロード』のように二期、三期と製作される可能性が高いのではないかと思います。

 

で、二期製作はいつ頃?





スポンサーリンク





以上のことから『ゴブリンスレイヤー』の二期製作は「とても可能性が高い」と言えると思います。







 

時期としては早ければ1期の放送終了から1年後(例えば『このすば!』二期は一期からちょうど一年後だった)、いろいろなスケジュールを調整するとしても2年以内には二期が製作されると思います。すなわち、二期は2019年秋アニメ〜2020年春アニメあたりでしょうか。

 

二期が製作される頃には原作ストックもさらに溜まって来ると思われますので、三期、四期への気運が高まりそうです。




スポンサーリンク