後藤駿弥の顔画像とFacebook特定?嫁は子連れ同乗女性?【倶知安あおり運転】

北海道倶知安町にてあおり運転があり、その後バールのような金属の工具で脅すという事件がありました。


この事件の犯人として書類送検されたのが後藤駿弥さん。書類送検されたものの、その後釈放されていることから


ネット上では炎上しています。


後藤駿弥さんについてFacebookの特定情報と顔画像を調査しました。


また、子連れの同乗女性は嫁なのか?に付いてもみていきます。


倶知安あおり運転の犯人が話題に!モザイクなしの画像は?




スポンサーリンク





北海道警倶知安署は20日、今年6月に倶知安町の国道を乗用車で走行中に

別の車に追い越されて腹を立て、工具を振りかざして相手を脅したとして

暴力行為法違反(脅迫)の疑いで、同町に住む男性会社員(24)を書類送検した。

倶知安署は同容疑で現行犯逮捕したが、その後釈放していた。

書類送検容疑は6月11日午後11時10分ごろ、倶知安町の国道393号で、

別の車を運転していた八雲町の中学校教諭の男性(29)に、

金属製で棒状の工具(長さ約45センチ)を振りかざして脅したとしている。

署によると、男性教諭が信号で停止した際、男性会社員は車を前に割り込ませて進路をふさぎ、

工具を持ち出した。また同乗していた女性も降車し、男性教諭の車の前に立って携帯電話のカメラで様子を撮影していたという。

倶知安署は、あおり運転の疑いについても捜査したが、幅寄せやパッシングなどの行為を確認できなかった。

引用:https://www.sankei.com/affairs/news/190820/afr1908200036-n1.html


北海道倶知安町でまたしてもあおり運転のニュースです。


今回のあおり運転は6月に起こっていたとのことで、常磐道あおり運転よりも以前に起きていたみたいです。


被害者は三台の車に囲まれ、停車させられた後に「出てこいや!」などと叫ばれ、


さらにバールのような金属製の工具で脅されたとのことです。


素手で向かってきた宮崎文夫容疑者よりも怖いですね・・・。


流石にバールで殴られたらひとたまりもないですし、命の危険を感じます・・・。


被害者は無事で、実際にひどい怪我などを追うことはなかったようですが、


車から降りていたらどうなっていたのか・・・。想像するだけでも恐ろしい。


しかも同乗していた女性が赤ちゃんを抱きながらその様子を撮影していた


という異常な状況だったようですね。


子連れでこのような行動に出るなんて世も末ですね・・・。


倶知安あおり運転の犯人は誰?名前が特定



倶知安あおり運転の犯人として書類送検されたのは後藤駿弥さん(24)。


書類送検後釈放されていることから、そのあおり運転などの事実を確認できなかった可能性が高いです。


おそらくドライブレコーダーなどの動画では確認できなかったのでしょうか。


それでもニュースで流れていたあの映像だけでも十分逮捕できそうな気もしますが・・・。





後藤駿弥の顔画像は?Facebook特定?




スポンサーリンク





後藤駿弥さんの顔画像についてはいまだに発見されていません。


Facebookなら顔画像もあると判断したのですが、それらしきアカウントを見つけるも、顔画像などは発見できていません。


そして後藤俊哉さんと同姓同名とはいえ、本人との確認が取れていないために


特定にまでは至っていません。


詳細な情報がわかり次第記事を更新していきます。


最近では風評被害などで被害を受ける方もいるのでネット上での情報収集は


慎重に行なっていきます。


後藤駿弥の嫁?子連れ同乗女性の名前と顔画像




スポンサーリンク





こちらについてもネット上ではまだ情報が少なく、


確証のあると言える情報がないために最新情報が入り次第記事を更新していきます。


子連れで一部始終を撮影していたことから少なくとも親しい間柄であることは間違いなさそうですが、


確実に後藤駿弥さんの嫁であるとは言えません。


子連れでそのような荒事の中でスマホで撮影するなんて肝が座っているというかなんというか・・・。


現在までに詳細な情報は入ってきていません。


ネット上での反応




スポンサーリンク












About 小鳥遊ユウ 1149 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*