郡司明の経歴+生い立ち+東電賠償金詐欺の実態【福島県いわき市】

福島県いわき市で複数の飲食店経営者らと共謀することで東京電力から
原発事故の賠償金請求をすることで合計4億8000万円もの金額を
詐欺で詐取していたことがわかりました。

こういう事があると本当に被害に遭った人たちにお金が届きませんし、
風評被害に繋がる恐れもあります。ちょっと勘弁してほしいところですが・・・。

今回はこの件の首謀者と見られる郡司明容疑者について調べてみました。
東電賠償金詐欺のかなり闇が深い部分が垣間見えた事件ですね。

福島県いわき市で東京電力から賠償金詐取

スポンサーリンク


東京電力福島第一原発事故の影響で飲食店の売り上げが減少したと偽り、東電から賠償金として約2650万円をだまし取ったとして、警視庁は、札幌市の無職郡司明容疑者(50)ら男女9人を詐欺の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

郡司容疑者らは福島、茨城両県などの事業者に賠償請求の方法を指南し、うその内容の申請書類を作成するなどして同様の事件を繰り返していた疑いがあるという。警視庁は、被害は2012~17年に約4億8千万円に上るとみて調べる。

捜査関係者によると、逮捕容疑は13年1~6月、原発事故により福島県いわき市の飲食店の売り上げが減ったとするうその申請書類を作成し、東電に賠償金を請求して詐取したというもの。

原発事故に伴う東電の賠償は、原子力損害賠償支援機構法が11年8月に成立したのを受け、同年9月から本格的に始まった。これまでに9兆円以上が支払われた一方、同様の不正が相次いでいる。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00000006-asahi-soci

福島県では未だに原発事故での賠償金詐欺が横行していて、これはほんの一部だと言われています。
実際に同様の不正が相次いでいることが確認されていて、ビジネスとしてこのようなことをしていた
ということがよくわかります。

郡司明容疑者はこうしてお金を集めて自らは無職のまま大金を稼いでいたんですね。
悪人らしい悪人といいますか・・・。このような詐欺が流行るのは本当に残念です。

郡司明の経歴と生い立ち

スポンサーリンク




郡司明容疑者は福島県いわき市で飲食店経営者らをまとめる指南役のような役割をしていましたが、
なんと福島県出身ではなく、札幌市出身だということがわかっています。

今までにも同じようなことをしていたのかは不明ですが、無職という肩書から、以前から
まともに働いていたとは思えません。

見た目からしても普通ではなさそうですよね・・・。50歳で無職ということは
以前からこうして制度の裏をつくなどしてお金儲けをしてきたのかもしれません。

東京電力賠償金詐欺の実態

スポンサーリンク



東京電力賠償金詐欺というのはもはや形態化しているようで、ある程度のマニュアルがあれば
誰でもこのような詐欺が働けるということで、詐欺が横行しています。

「実際は事故との因果関係が薄くとも、賠償が認められるケースが横行していると聞きます。『風評による売り上げ減』や『訪日客のキャンセル』などを訴える書類を整えれば、たやすく賠償金をもらえるというのです。業種や地域も問われず、九州・沖縄の業者にも支払う。手続きをマニュアル化し、過払い金請求のように相談・着手金無料をうたって専門的に扱う弁護士事務所もあるほどです」
引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/246427

こういったことに頭を使うのではなく、もっと真面目に頭を使っていればまともな仕事ができたでしょうに・・・。
ちょっとこういうニュースを見ると残念に思ってしまいます。

ネット上での反応

スポンサーリンク