日馬富士が引退発表!貴ノ岩暴行での責任を取る?白鵬が黒幕の可能性も?

日馬富士が貴ノ岩暴行の責任を取って自ら引退を決断したようです。この様子は生中継されていましたね。




先日貴ノ岩の怪我の写真が公表されてから、言い逃れはできなくなってしまったのでしょう。残念な結果になってしまいましたね。活躍を期待していた人たちが大勢居た力士だけに惜しまれながらの引退となりそうです・・・。



暴行発覚時の記事はコチラ


・日馬富士引退の動画や画像などまとめ


・貴ノ岩の怪我の写真とは


・引退の理由と原因





日馬富士が引退発表!貴ノ岩暴行事件の責任を取って・・・




元横綱・日馬富士の暴行問題や、九州場所千秋楽での横綱・白鵬の言動を問題視した日本相撲協会は30日午後、東京・両国国技館で開いた定例理事会で一連の騒動について議論した。



理事会後の会見では、八角理事長(元横綱北勝海)が「世間のみなさまには大変申し訳なく思っております。どうも、すいませんでした」と謝罪し、頭を下げた。

 理事会では白鵬を呼び、事情聴取。白鵬は28日にも「貴乃花巡業部長のもとでは冬巡業に参加できない」などと発言し、八角理事長からたしなめられたが、この日に厳重注意を受けた。

 同日午後1時から開かれた理事会は、3時間半という異例の長さとなった。暴行を受けた貴ノ岩の師匠である貴乃花親方も出席したが、巡業部長の貴乃花親方は、次の巡業には参加しないことで決定した。

 また、協会は貴ノ岩への事情聴取を求めたが、貴乃花親方は警察の捜査が終わった後に協力するとの意向を示したという。貴乃花親方は強硬姿勢を崩しておらず、騒動が収束する気配はない。

 なぜ、ここまでこじれてしまったのか。日馬富士による暴行事件については現在でも情報は錯綜しているが、日馬富士が貴ノ岩にケガをさせたことは事実。協会からすれば、日馬富士が引退したことで幕引きにしたかっただろう。それでも貴乃花親方が“手打ち”を拒否するのは、現在の角界にあるもう一つの“疑惑”にもメスを入れるつもりだからだ。貴乃花親方の関係者は「相撲協会の理事の座を捨ててもかまわないという思いだ」と、覚悟を決めたうえでの行動であると話す。

 そのことを示す発言もあった。貴乃花親方は29日、スポーツニッポンの取材に応じ、日馬富士の引退について「残念なことです」と語る一方、「現役のときに違う部屋の力士が酒席などをともにするのはどうなのか」とコメントした。

 貴乃花親方は、弟子たちに他部屋力士との交流を厳しく制限していることで知られている。現役時代は“ガチンコ相撲”の力士として知られ、当時は他の部屋との力士との交流は控えていた。酒席を一緒にすることなどを通じて力士同士が“馴れ合い”になれば、土俵上での取組に「私情」が入ることにつながるからだ。


ところが、モンゴル出身の力士は、所属する部屋とは関係なく「モンゴル力士会」と称する集まりで親交を深めている。これが、記者の間で「馴れ合いの温床になっているのでは」と指摘されていた。

 もちろん、貴乃花親方は貴ノ岩にもモンゴル力士との交流を極力控えるよう命じていた。前出の貴乃花親方の関係者は言う。

「暴行のあった日の朝、貴ノ岩は貴乃花親方に『階段から落ちてケガをした』と説明していた。それが後になって日馬富士から暴行を受けたことがわかり、しかも貴ノ岩の出身高校のOB会だと思っていたら、白鵬や鶴竜らモンゴル人の横綱3人も来ていた。話が違うじゃないかとなり、貴ノ岩もきつく叱られたようです」

 ある親方はこう話す。

「白鵬は最初、日馬富士が1回殴った時に止めに入ったと話した。しかし日馬富士自身が『10発は殴った』『カラオケのリモコンでも殴った』と発言した。つまりは、日馬富士が貴ノ岩を“かわいがり”していたことを白鵬はなかば容認していた。警察にもそこをかなり聞かれたようで、協会内では、モンゴル力士同士の仲間割れによるリンチではないかと見られている。よほど貴ノ岩は恨まれていたのではないか」

 本場所15日間の取組では、優勝決定戦を除き、同じ部屋に属する力士が対決することはない。部屋が違っても、親戚同士であれば取組が組まれることはない。土俵外で関係の深い力士同士で取組をすると、いわゆる“星のやり取り”が生じやすくなるためだ。

 九州場所での幕内力士42人のうちモンゴル出身の力士は9人で、約2割を占める。所属する部屋が違う力士が、出身の国が同じだからといって必要以上に親睦を深めることは、他の力士の成績に影響が出かねない。

 ただ、協会に報告をする前に警察に被害届を出し、騒動が拡大し続けている状況に、貴乃花親方を批判する声もある。別の親方はこう話す。

「問題は、相撲協会と貴乃花親方の両方にある。しかし、被害者は貴ノ岩であり貴乃花親方。相撲協会が貴乃花親方を悪者にすると、貴乃花親方は態度を硬化させるだけだ」

 モンゴル人力士に限らず、力士同士の馴れ合いはこれまでも繰り返し問題になってきた。暴行事件に端を発して、現在の角界にメスを入れようとする貴乃花親方の“乱”の行方は、ますます見通せなくなっている。


引用:Yahooニュース





今回の貴ノ岩暴行事件はモンゴル人力士同士のイザコザが原因と言われています。日馬富士は貴ノ岩に挑発されて暴行したとも言われていますが、様々な証言があり、どの証言が本当なのか、未だはっきりしないのが現状のようですね・・・。




期待されていた人気力士の引退なだけに注目を集めているのは、その引退に納得が行かないからでしょうか。




しかし、やはり暴行した事実は変わりませんね。落語家の志らくさんもコメントを出しています。




落語家の立川志らく(54)が、横綱日馬富士が暴行におよんだ理由について貴ノ岩の「礼儀と礼節がなっていない」と発言したことについて矛盾を指摘した。

 志らくは30日、ツイッターを更新。前日行われた日馬富士の引退会見を振り返り、日馬富士や伊勢ケ浜親方の言動について「一般の暴行事件だとして、加害者があれは指導なんですと言い、その親が息子は社会貢献もした立派な奴です、会社を辞めないといけなくなり残念ですと泣いたら?大相撲の世界と一般社会は違うというが、だから問題があるのでは?浮世稼業の落語家にまともな事言わせる程狂っている」と違和感をつづった。

 日馬富士は貴ノ岩への暴行について「先輩横綱として、弟弟子が礼儀と礼節がなっていない時に、それを正し、直し、教えてあげるのは先輩としての義務だと思っています。弟弟子を思って叱ったこと」と釈明したが、志らくは「日馬富士の矛盾。礼節を教える為。礼節とは礼儀と節度。礼儀とは社会の決まりにかなう人の行動、作法。節度とは度を越さない適当な程合い」と説明した上で、「礼儀を教える方が人としての行動を破り度を越してしまったわけだ。だから暴力を振るった側から口が裂けても礼節を教える為とは言えない」とした。   引用:日刊スポーツ






たしかに、一般の暴行事件で同じコメントは言えませんよね・・・。人気力士でも暴行したことは間違いないので、これは矛盾です。




貴ノ岩の怪我の写真画像が衝撃・・・









この画像で分かるのは、怪我をした時の状況はかなり酷い暴行を受けたということでしょう。コレほどの怪我をする暴行を受けたなら、一般人なら下手をすると死んでいた可能性もあります。




力士の体力があったから怪我程度で済んだものの・・・。現在は活動に支障はないようですが、コレだけのことをしたら引退するしか無いのかもしれませんね・・・。残念ですが・・・。





日馬富士引退までの道のりに意外な力士の名前も・・・?




























































意外にも多くの人が日馬富士引退の裏には白鵬が関係しているのでは、と考えているようです。裏で繋がり、関係しているのは本当に白鵬なのか、未だ謎は多いままのようです。

About 小鳥遊ユウ 799 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

1 Trackback / Pingback

  1. 貴乃花の告発状の内容とは?全文公開で相撲協会が変わる!立入検査開始か? | タカナシ情報部

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*