堀北真希の現在が劣化しまくりと話題に!茶髪にショートの画像とは

結婚後表の舞台に出てくることがなくなった堀北真希さん。今は主婦として、一般人になり、それからは画像などが出てくることはありませんでした。しかしとうとう結婚後初めての写真画像が撮られたので見てみると・・・超絶劣化していると話題になっているようです。




・堀北真希が超絶劣化!茶髪にショートで激太り!?


・堀北真希の現在の姿の画像


・堀北真希は今専業主婦で復帰の予定は無し?





堀北真希が超絶劣化!茶髪にショートで激太り!?





スポンサーリンク












若者の中でも憧れの女優であった堀北真希さん。衝撃の結婚で突然の芸能界引退となり、非常に残念でしたよね。そんな堀北真希さんは現在一般人になり、多少身なりに気を使わなくなってしまったのでしょうか。その姿もまた衝撃的なものでした・・・。








かなり衝撃的な姿です。やはり生き残りが厳しい芸能界でずっとトップクラスの美しさ(個人的な感想)を維持し続けるのは大変だったのでしょう。一般人になってからは多少気を抜いてもイイと思います。今まで頑張ってきたんだから。




ただ衝撃を隠せないというのもまた、視聴者からの当然の意見でしょう。




堀北真希、山本耕史夫妻のプライベートショットを発売中の「女性自身」が掲載し、世間に衝撃を与えている。

 同誌が夫婦の姿を激写したのは12月中旬。昨年12月に誕生した第一子をベビーカーに乗せ、イタリアンレストランや公園に出かけ、家族団らんの休日を過ごしたとのこと。そんな堀北の姿を同誌は写真付きで紹介しているのだが、彼女のトレードマークだった黒髪は、明るめな茶色のショートヘアに。さらには、すっぴんにメガネというナチュラルスタイルだった。

 すっかりママとなった堀北には「やっぱり可愛いね」「すっぴんでこれだけかわいいのはさすが」といった称賛が数多く寄せられているが、一部には「う~ん、黒髪がよかったな」「ちょっとおばちゃんぽくなった」「俺の青春が崩れ落ちていく」など、落胆の声もあるようだ。

「2月に事務所を退所した堀北は、芸能界に復帰したいという願望はないようです。今回プライベートショットを撮られた公園でも、気さくにママ友たちと話していたということですから、すっかり一般社会になじんでいるのでしょう。しかし、未だにこうして話題になるのは、それだけ根強い人気があるということ。かつての堀北ファンは彼女の変わりようを見て、山本に対する妬みがさらに強まったようです」(エンタメ誌ライター)

 芸能界をスッパリ辞めて家庭に入ったことで、堀北のカリスマ性はさらに高まっているようだ。     引用:アサジョ










やっぱり比べてみてしまいますよね。芸能界に居た頃は本当に頑張っていたんでしょうね。メイクや体型の維持、髪型も髪色も勝手に変えるわけにも行かないと・・・。人に見られる仕事って本当に大変だ。




堀北真希が激太り!?










確かに芸能界で活動している全盛期よりは太ったように見えましたが、そこまで激太りというほどでもなさそうですね。これからは夫婦としての生活が始まるので、それなりに調整していくのではないでしょうか。




慣れない生活を始めたときって誰しも太ったり体調を崩したりするものです。今までハードに働いてきた分、今まで通りの体型にするには多少の工夫が必要なのでしょう。



















ネット上で色んな事が言われていますね。確かに今回出た写真は最初衝撃を受けましたが、よくよく考えたらスッピンでぷらっと外に出てこの顔を維持しているのって実はスゴイんじゃないでしょうか。さすが芸能人ですよね。




一般人になった今はそこまでの調整も必要ないと考えているのかもしれません。




Twitterの反応





スポンサーリンク















































ネット上ではいまだに堀北真希は復帰するのではないかと考えている人も少なくはないようですね。ファンはいつも「待ってるよ」と書き込みなどをしています。もしかするとこれから子育てなどが落ち着いたらテレビに出演してくれる日も遠くないのかもしれません。























































About 小鳥遊ユウ 897 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*