報ステがトランプ大統領の翻訳をすり替え!翻訳は誰が?【炎上】

報道ステーションが報じたトランプ大統領の演説。これを翻訳したものが字幕で流れていたのですが、実際に言っていた言葉の意味と全くと行っていいほど違う翻訳がされていて、ネット上では・・・「これだから報ステは」 「まさにフェイクニュース」と批判の声が上がっています。




・報道ステーションがトランプ演説の翻訳をすり替え


・報道ステーションの翻訳は誰がやっている?


・報道ステーションが炎上中





報道ステーションがトランプ演説の翻訳をすり替え





スポンサーリンク












今回字幕がすり替えられていたのはトランプ大統領の演説の一言。


実際 「I call “the fake news”(フェイクニュース) the enemy of the people」


翻訳「私は”メディア”を国民の敵と呼ぶことにした」




これはたとえ意訳でもおかしいだろ・・・。




実際に言っていたのは「フェイクニュースを」国民の敵と呼ぶ、に対し「メディアを」にすり替えていたんですね。これは誤解を招きますね。




というか音声ありなのですし、普通にバレるような内容のすり替えでしたが、報ステではこれがばれないと考えていたのでしょうか・・・?




報ステが翻訳を意図的にすり替え?





スポンサーリンク







報道ステーションが意図的に翻訳をすり替えたとしか思えない今回の字幕すり替えですが、実際にどんな糸があってのことなのでしょうか。




「フェイクニュース」を「メディア」とすり替えてトランプ大統領へのイメージ操作が目的とも考えられますが、それで報ステは何がしたかったのか・・・。それとも単純なミス?




以前から報道ステーションでは”反トランプ”の姿勢が見え隠れしているように見えます。これはやはり意図的だと考えられてもおかしくないですね。




ネット上でもこの話題は注目を集めており、報道ステーション側はおそらく回答などはしないと思われます。




トランプ大統領に抗議する市民の映像なども積極的に使っていることから、やはり報道ステーションは反トランプ体制なのでしょうね。ちなみに翻訳者はわかりませんでした。常に番組の翻訳者などは募集しているようですが・・・。




Twitterの反応






























スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*