生田悦子の家族(夫や子供)は?経歴や学歴などのプロフィール

女優生田悦子さんといえばバラエティ番組「欽ドン!いい子悪い子普通の子」やドラマ「白い巨塔」で人気になった女優さんです。そんな生田悦子さんの家族、夫や子供について、さらにはこれまでの経歴や学歴などのプロフィールをまとめてみました。




・生田悦子のプロフィール


・生田悦子の家族(夫や子供)は?


・生田悦子は猪木を交際していた





生田悦子のプロフィール





スポンサーリンク











生田悦子(いくた  えつこ)


生年月日 : 1947年4月8日


福岡県福岡市出身


女優 (ドラマ、映画、バラエティ番組などで活躍)


1963年に準ミス平凡に入選し、その三年後、1966年に芸能事務所「松竹」に所属。映画「命は果てる日まで」に出演し、その後も活躍を続けていく。


バラエティ番組「欽ドン!いい子悪い子普通の子」に出演していた時には「よせなべトリオ」としてヒット曲を出すなどして人気タレントの地位を確立していった。


ちなみに独身時代のアントニオ猪木と交際していた時期もあったようです。


2005年には一般人男性で実業家の村田陽一さんと結婚。今に至る。




生田悦子に子供はいる?





スポンサーリンク







生田悦子さんが現在の夫と結婚したのは57歳のとき。そこから今に至るまで子供はいなかったようです。本人曰く、「この年での結婚は今の幸せをいきたいから」と語っています。




あまり子供がほしかったというわけではなく、単純に”幸せを追求”していた人だったのかもしれませんね。




アントニオ猪木さんとも交際していましたが、交際という段階で終えていますし、他に結婚したという情報もないため、お子さんはいないということで間違いなさそうです。




生田悦子の家族、実家は?





生田悦子さんの家族、実家は父親が歯医者だったようで、それなりに裕福な家庭だったと言われています。卒業した学校は「筑紫女学園」で、この学校はお嬢様学校として知られているようです。




また、生田悦子さんの母親は18歳の時に生田悦子さんを出産。若くして結婚したためか父親と母親のケンカはよくあったそうです。そして両親が離婚。このとき生田悦子さんは7歳だったそうです。




しかも離婚後、両親どちらも生田悦子さんの親権を取らなかったこともあって母方の祖父母に引き取られることとなります。小さい頃から複雑な環境で育ってきた方だったんですね。




1969年に母親はある男性と心中未遂を起こしてスキャンダルに。この事があって生田悦子さんは映画やCM、さらには雑誌などの取材もすべて降板。一時期干されかけた状態になってしまいました。




そんな環境の中でも生田悦子さんは芸能活動をやめることなく、今に至るまで活躍を続けてきた人物なのですね。




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 652 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*