iPhone買うならどれ?2018年新型モデルの選び方【iPhoneXS XR MAX】

iPhone新型2018年モデルの中でどれを買うか未だに迷っている方に、今買うならどれにするのか、選び方をまとめました。iPhoneXS、iPhoneXSMAX、iPhoneXR(アイフォン9?)の3モデルの特徴と買う時の選び方、今アナタが買うならどれ?




・iPhoneXS、iPhoneXSMAX、iPhoneXRの特徴


・iPhone2018年新型モデルの選び方


・iPhone買うならどれにする?





iPhoneXS,XSMAX,XRの特徴と選び方





スポンサーリンク











今年発表される新型iPhone(アイフォン)は3モデルと言われており、これらはiPhoneXの形を受け継いだ後継機となるようですね。6.5インチ、5.8インチのハイスペックモデル、6.1インチの廉価版モデルの3機種です。




同時に3機種出るのは嬉しいのですが、やはり「どれを買おうか迷う」という声が多数挙がっているので、コチラで解説していこうと思います。




それぞれに特徴があり、選ぶ時には自分にあったiPhoneを選びたいところです。では、それぞれの特徴に合わせたiPhoneの選び方をまとめていきます。価格やスペック、ディスプレイなどの違いから自分なりに選んでみてください。




*最新情報追記9月10日




今年発表される新型iPhoneの名称はiPhoneXS、iPhoneXSplus、iPhoneXCとなるとの情報が入ってきました。発表直前のリーク情報なのでかなり信憑性が高いと考えられます。








世界最大の携帯キャリアの資料が流出したとの情報です。世界最大の携帯キャリア、China Mobileの社内プレゼンテーション資料がネット上にアップされていますね。




コチラの資料はかなりリアルな内容なので信憑性も高いと思われます。この画像は中国のSNS、Weiboに投稿されたようです。流出した資料によると、iPhoneXC(廉価版モデル)は単一のSIMスロットを搭載しているとのこと。




iPhoneXS,iPhoneXSplusはデュアルSIMになるとのことで、この2機種はさらにハイスペックなモデルとなります。デュアルSIMの利便性は使う人にとってはかなり重要なポイントとなりそうですね。




最新情報追記②9月14日




発表されたのはiPhoneXS、iPhoneXSMAX、iPhoneXRとなりました。また、デュアルSIMスロットは上位モデルのiPhoneXSシリーズにのみ搭載とのことです。また、予想通りカメラはiPhoneXSシリーズはデュアルカメラ搭載、iPhoneXRはシングルカメラとなりました。




予想に大幅なズレはなかったのですが、予想外だったのは価格です。iPhoneXSMAXの最大容量ともなれば価格は17万円を超えます。これも予想通りでしたね。




これらの情報は確定なので、この情報も考慮に入れてiPhone選びを考えてみてください。





iPhoneXS、XSMAXの特徴





iPhoneXS、XSMAXはそれぞれ5.8インチ、6.5インチのモデルが発表される見込みです。この「MAX」という名前は今までで言うplusと同じ意味になりそうですね。ちょっとダサい。




今回発表される目玉商品とも言えるiPhoneのハイスペックモデル。この2機種の価格は13万円前後と考えられているので、購入を検討している人はその価格に見合ったものなのか、また、自分の用途に合っているかを検討して行く必要がありますね。




ちなみに最大容量のiPhoneXSシリーズは17万円前後となりました。この価格に見合うかどうか、下調べをしていきましょう。




今までは最新機種にとりあえず変えていた人も今回は価格も高いですし、しっかりと調べておきたいですよね。



ディスプレイはOLED採用








iPhoneXのSuper retina HDディスプレイにも採用されていたOLED。これは有機ELディスプレイとも呼ばれ、iPhone8などの液晶パネルには表現できない100万:1のコントラスト比や高い解像度と輝度を兼ね備えていて、業界最高ともいわれる色の精度を誇ります。




また、OLEDの素子は自ら発行するため、バックライトなどが必要ありません。これによって省電力にもつながっている非常に優秀なパネルなんですね。




そして更にディスプレイを優秀にしているのがTrue Toneと呼ばれる技術。これは環境光センサーで周囲の光の色を判断し、画面の色温度を調整する機能です。




「人間が感じる実際の色」を表現するためのかなり優秀なディスプレイがこれに当たります。自然に見える色の調整は他のスマートフォンの追随を許さないレベルですね。




今回発表されるiPhoneXS、XSMAXにはこれが採用されると見られています。OLEDディスプレイは非常に優秀なので、フルディスプレイとなる今回の新型iPhoneにはピッタリのパネルと言えそうです。




そのかわり、2018年新型モデルiPhoneからはやはりホームボタンが廃止されたモデルとなり、顔認証FaceIDがメインとなりそうです。これは検討するポイントでもあります。指紋認証のほうが良かったというユーザーも少なくありませんからね。




アナタはどちらが良かったですか?




FaceIDとTrueDepthカメラが進化






FacetimeHDカメラの代わりにiPhoneXから搭載されたカメラ。これは顔に3万点以上の見えない点を照射して顔の情報などを読み取る最新鋭のカメラです。これによって精度の高い顔認証システムが実現されたのです。




しかしiPhoneXでは「マスクを付けているとロック解除できない」、「化粧をしていないと認証されない」など、不満の声も上がっていました。もちろんセキュリティのためにも顔の一部が違えばロック解除できないほうが良いのかもしれませんが・・・。だったら指紋認証のほうがいいのでは?と思いますよね。




しかしiPhoneXSからはこれらの不満もなくなるのかもしれません。




中国のChinatimesが報じたところによるとiPhoneXSからはこの顔認証FaceIDの精度が300%も向上するとの情報があるのです。




マスクや帽子、化粧や寝起きの顔など、一日のうち同じ顔をしている瞬間は意外と少ないかもしれません、そのどんなときでもしっかりと認証してロック解除をしてくれるようになればiPhoneXSのロック解除はかなりスムーズに行えるようになります。




これは今回の新型iPhoneを選ぶだけの理由になるかもしれません。コチラのポイントはぜひ検討してみてください。




耐水&防塵機能





これはiPhoneX、8,7と搭載されてきた機能ですね。ちょっとした水しぶきや砂埃程度では故障したりしません。これは普段から持ち歩くスマートフォンに必須とも言える機能ですよね。




これにさらにタフなケースなどをつければかなりアクティブに使うこともできるでしょう。コチラの機能は特に進化するとの情報はありませんが、iPhoneXSにも搭載されることになるでしょう。




ワイヤレス充電機能が進化する





iPhoneXS、XSMAXではワイヤレス充電の効率が上がるとの情報がありました。これは同時に発表されるとみられるAirpowerとの相性も考えたアップデートなのでしょうね。




これからはワイヤレス充電がかなり一般的になっていくと見られます。海外の一部、(台湾など)では既に電車の中などにワイヤレス充電パッドが備え付けてあったりするなど、これからの時代の充電方法が変わる可能性を感じさせてくれます。




iPhoneはこれからワイヤレス化に向けて様々な進化を遂げていくと見られていますので、すでにiPhoneXSからワイヤレス化の方針を強化していくのでしょう。




AppleWatchやAirpodsもワイヤレス充電機能に対応していくので、これらも購入する人は一緒にAirpowerを購入してまとめて充電するというのも検討するポイントになるでしょう。




イヤホンジャックは無し





イヤホンジャックはやはり今回の新型iPhoneXSでも廃止されたまま、復活することは無さそうです。




上記にも書いたとおり、iPhoneを始めAppleの製品はどんどんワイヤレス化に向かっている印象があります。充電、イヤホン、周辺機器の数々においてどんどんワイヤレス化していくでしょう。




イヤホンジャックがなくなったことにより薄型になっていくのは嬉しいですが、ワイヤレスイヤホンを持っていない方にはちょっと面倒に感じるかもしれません。これも検討するポイントですね。




9月10日追記最新情報、デュアルSIMが搭載される模様





世界最大の携帯キャリアChina Mobileの資料が流出したことによって信憑性の高い情報が流れています。それがデュアルSIMスロットが搭載されているとの情報。これはiPhoneXS、iPhoneXSplusにのみ搭載される機能となりそうです。




このデュアルSIMスロット。どのように活用していくのかというと、多くの場合、旅行などに多く出かける人にとって非常に便利なものとなります。




例えば、マレーシアに旅行するとなった場合。マレーシアのSIMカードを挿入し、日本のSIMカードはそのままにマレーシア国内で利用することができたり、様々な国を行き来する場合などに非常に便利です。




今までのiPhoneでは国をまたぐたびにSIMカードを入れ替える必要がありました。そして日本のSIMカードを保管しておくにも無くすのが心配。なんてことも。




このように海外旅行を多くする方には非常に便利な機能となりますね。日本国内のみでの利用の場合では2つのキャリアで契約するなどの条件ではない限り、あまり活用方法は無いかもしれません。




このデュアルSIMスロットに関してもiPhone選びの要素の一つとなりそうです。




容量の違いと選び方








iPhoneXS、XSMAXでは最大512GBのストレージ容量を持ったハイスペックモデルが発売されるとの予想が出ていますが・・・。みなさんはどのようにiPhoneのストレージ容量を決めていますか?




管理人の個人的な意見ですが、iPhoneのストレージ容量はそこまで大きなものは必要ない人の方が多いと思うのです。




というのも多くの人が「写真いっぱいで容量がギリギリ」と言っていたりします。これらの写真の整理はアプリを使うことで解決できますし、そこまで高額なモデルを購入しなくても良いのではないかというのが管理人の個人的な意見ですね。




オススメのアプリとしては「Pool」というアプリがありますので、使ってみてください。写真をアプリに保存していつでもiPhoneに戻すことができます。アプリに移したらiPhoneに入っていた方の写真は消せるので容量を一気にあけることができます。




このように解決方法はいくらでもありますので、iPhoneを選ぶ際のストレージ容量はそこまで多くなくてもいい人のほうが多いかと思います。「今までの写真をずっと引き継いできている」というような方は一度検討してみてください。




なんと言っても価格が跳ね上がりますからね。今回の最大容量を持つ512GBモデルは17万円前後になるのではないかと言われています。もはや廉価版のMacbookよりも高額です。




そういったハイスペックを必要とする方は特にiPhoneを使ってクリエイティブな作業をする方、ゲームアプリなどの多数の重いアプリを動かす方、仕事でiPhoneを使うため容量が必要な方、などの本格的に使用する人たちのみだと思われます。




一般的に電話やLINE、ネットサーフィンやゲームアプリの一つや2つなどを使う方は64GBモデルとかでも十分使えると思います。ぜひ容量に関しては一度アプリなどを使ってストレージ容量を空けてみて検討してください。




iPhoneXR廉価版モデルの特徴





スポンサーリンク






上記で紹介してきたiPhoneXS、XSMAXのハイスペックモデルからはスペックが劣るのですが、こちらの廉価版モデル、iPhoneXR(iPhone9?)も検討していきたいですね。




こちらの廉価版モデルをおすすめしたい人は・・・




・今使っているiPhoneが古くなってきたので新しいiPhoneに変えたい


・なるべく安上がりにしたい


・カメラの性能はあまり気にしない、普通にきれいなら良い。


・よくわからないけどサクサク動くなら良い


・普段使うのはネットサーフィンや動画を見る、電話やLINEだけ





上記に当てはまる人は廉価版モデルも検討するべきですね。意外とこれらに当てはまる方は少なくないはず。iPhoneXRは一部の機能がiPhoneXSに劣るものの、最新のプロセッサ搭載との情報もあり、スペックなどには問題はないでしょう。




今使っているiPhoneが古くなってきた、変えたいけど安いものが良いという方は一度検討してみましょう。では現段階でわかっているiPhoneXRの特徴を見ていきましょう。




iPhoneXRの価格





なんといっても廉価版モデルの一番のメリットはその価格、iPhoneXRは価格が7万円前後(256GBで10万円前後となりました)になると予想されていて、今回発表されるiPhoneの中で最も安いことになります。




この安さで最新モデルに近い性能を使えるのならばiPhoneXRでも良いと考えるユーザーはかなり多いのではないでしょうか。もちろん、やすいということには理由があります。




iPhoneXRが安い分、ハイスペックモデルと何が違うのか、現段階の予想を見ていきます。






iPhoneXRのディスプレイは液晶パネル





形や見た目こそiPhoneXSと大きくは変わらないと見られているiPhoneXRですが、iPhoneXRのディスプレイはOLEDディスプレイではなく、以前までと同じ液晶パネルを採用しているとのこと。




フルディスプレイという特徴自体は変わらないようですが、コチラのiPhoneはパネルのみが違う、という認識ですね。




ではこれで何が変わるのか、最新のOLEDとは違い、液晶パネルは自ら発光しないためバックライトを使います。これによってバッテリーの消費が早まると考えられます。しかし、そこまで大きな差にはならないと思われますね。




また、色温度の表現力がiPhoneXSよりも若干劣ることにはなります。このようなデメリットがあるとはいえ、「色の違いとかはあまり気にしない」という方は液晶パネルでも問題ないでしょう。




搭載されるプロセッサは同じ











プロセッサとはパソコンやスマートフォンに搭載される”頭脳”のようなもので、これが優秀なものであればあるほど処理能力が上がります。




処理能力が上がると重いアプリでもサクサク動かせる、複数のアプリを起動していても重くならないなどのメリットがあります。




iPhoneXS、XSMAX、XRの3モデルは今回、新型のA12プロセッサが搭載されると予想されています。つまり、iPhoneXRでもプロセッサは変わらないと見られているので、動作自体は大きく変わらないと見られているんですね。




iPhoneXR購入を検討している方はコチラにも注目してみていきましょう。そう考えるとiPhoneXRが一番コスパ良いような気がします。




iPhoneXRのカメラはシングルカメラになる








iPhoneXRはカメラがシングルになると見られています。ハイスペックモデルはデュアルカメラになりそうですね。このカメラの違いは大まかに言うと”表現力の違い”です。




デュアルカメラの優秀な点は”被写体との距離を測ることに長けている”という点です。また、一眼レフのような背景をぼかした写真を撮影することにも長けていて、非常に優秀なカメラと言えるでしょう。




これがシングルカメラになると今までのiPhoneと同じく「優秀ではあるものの、一眼レフのような写真は撮れない」と言えます。




iPhoneがメインで写真をよく撮る方には非常に重要な変更点となりますね。




iPhoneXRではカメラがシングルになる、とは今の段階では予想でしか無いですが、これくらいのスペックダウンはありえます。写真に大きなこだわりがない方はシングルカメラでも十分だとは思います。




実際に発表された段階でiPhoneXRのカメラはシングルカメラと判明しました!予想は的中です。




iPhoneのカメラは元々優秀ですし、シングルでも工夫すれば素晴らしい写真を撮ることができます。カメラに関しては人それぞれ検討する必要がありそうですね。




大きな違いはカメラとディスプレイ





今の所iPhoneXS、XSMAXのハイスペックモデルと廉価版モデルのiPhoneXRの違いはカメラとディスプレイということになりそうです。スペック面では大きく変わるのはストレージなどの容量も含まれそうですが、多くの人に高額なハイスペックモデルが必要なのかどうかは検討する必要があります。




なのでこれらの違いから検討してみて自分に必要なスペック、性能の違いをしっかりと考えて行きましょう。




また、Apple発表会で新たな事実が発表されるかもしれません。情報が入り次第記事を更新していきます。




新型iPhoneを選ぶ時に考えること





上記にも書いたとおり、多くの人がハイスペックモデルを必要としているかどうかといえば必要ない人も多いということがわかったかと思います。




既にネット上では廉価版モデルが欲しいと考えているユーザーも少なくありません。




この記事ではiPhoneXS、XSMAXのハイスペックにするのか、iPhoneXR、廉価版モデルにするのか悩んでいる方が読んでいると思います。




なのでまずは自分がどのようにiPhoneを使っているのか、普段の使い方を振り返ってみてください。「あれもこれもあったほうがいいな」と思ってしまうのはガジェット好きにとってよく理解できます。




しかしながら今回発表されるiPhoneXS、XSMAXは非常に高額になると考えられており、これを購入するならば他のガジェットを購入したほうが良いのではないかと思ってしまうほどです。




自分の予算、用途などをもう一度考えていきましょう。




iPhoneを使って仕事をする人、かなりヘビーユーズしていて常にiPhoneが重い人、クリエイティブな作業に使っていて、写真の編集やムービー編集にも使う人、ストレージ容量がいっぱいいっぱいの人(写真で容量を食っている人は上記にある便利なアプリを使ってみてください。)など、ハイスペックを必要とする人はiPhoneXS、XSMAXを選ぶのもアリですね。




iPhoneを新しくしたい、古いiPhoneが色々とヤバイから買い替えたい、新しければとりあえずなんでもいい、顔認証などの新機能を使いたい、などの用途であれば、今の段階でわかっているiPhoneXRのスペックで十分使えると思います。




今回は特にiPhoneXからのマイナーチェンジですので、大きく変わるのは中身です。すると今回ハイスペック機を必要とする人は意外と少ないのではないかなというのが管理人の予想です。




また、これらから新しい情報がさらにApple発表会にて発表される可能性もあることから、最新情報を常に得ておきたいですね。




これから新しい情報が入り次第記事を更新していくのでチェックしてみてください。自分の用途に合わせたiPhoneを手にとっていただけたら幸いです。



アップル製品ならソフトバンクオンラインショップがオススメ!こちらで製品の予約、購入ができます。








スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 849 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. 新型iPhoneはXS MAXが発売決定?価格もリークされる【最新情報】
  2. iPhoneXSゴールドが人気!男女共に予約殺到?【人気色ランキング】

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*