色づく世界の明日から4話の感想と評価!内容とあらすじは

『色づく世界の明日から』第4話「おばあちゃんはヤメテ!」の感想とあらすじです。是非とも最後までご覧ください。

 

物語のキーパーソン・琥珀の登場




スポンサーリンク






今話の冒頭で、海外に留学していた瞳美の祖母・琥珀が高校に帰ってきます。琥珀は性格も明るくて、驚くようなすごい魔法を使えて──と、瞳美とは正反対のキャラクターです。ちなみに琥珀役の声優は今飛ぶ鳥を落とす勢いで人気の本渡楓さん。あらゆるアニメ作品やイベント、ニコ生などの配信で見かけます。働きすぎだろって心配になるくらいです(私が心配することではないですが……)。





 

琥珀は、未来の自分が孫(瞳美)をこうして過去に送ってきた理由を今はわかっていないようです。従って、この先のどこかの時点で何らかの要因があって琥珀は「過去に戻れる魔法」を長い時間をかけて作り上げ、瞳美を過去の自分と会わせることを決意したのでしょう。

 

今のところその理由については示唆さえされておらず、推測は難しいと思われます。

 

写真美術部のメンバーと恋愛関係




スポンサーリンク






この第4話、夜景を撮影するイベントで写真美術部における恋愛関係が示されます。メンバーは7人。それぞれについて見ていきましょう。

 

・月白瞳美(CV:石原香織)─本作の主人公70年後の未来から来た。葵唯翔の絵に色を見出すことができたため、彼を意識している。

 

・月白琥珀(CV:本渡楓)─瞳美の祖母であり、瞳美を魔法によって70年前に送り込んだ張本人。誰とでも仲良くすることができる。誰かに対する恋愛感情は明示されていない。






 

・葵唯翔(CV:千葉翔也)─写真美術部で唯一の絵描き。クールでぶっきらぼうだが悪い人ではない。瞳美のことを意識している様子だが、恋愛感情かどうかはわからない。

 

・風野あさぎ(CV:一ノ瀬加那)─大人しい性格の瞳美のクラスメイト。幼馴染である将のことが好きだが、将が瞳美のことを好きなのではないかと思い込んでいる。



スポンサーリンク






 

・川合胡桃(CV:東山奈央)─明るいメガネっ子。一年後輩の千草と仲良くしている様が散見される。

 

・山吹将(CV:前田誠二)─写真美術部部長。幼馴染のあさぎに対してはただの仲の良い友達と思っている様子で、想いに気づいていない。瞳美のことを意識している様が散見されるが、恋愛感情かどうかは不明。

 

・深澤千草(CV:村瀬歩)─愛嬌ある後輩。胡桃によく絡んでいる。






 

今後、物語は恋愛要素を絡めて展開されていくでしょう。登場人物の鍵となる琥珀の恋愛感情が謎であるのも気になるところで、物語の核心を意図的に隠しているようにも読み取れます。

 

メインが7人の群像劇というのはなかなか珍しいですが、それぞれの書き分けができていて、不要なキャラがいないように思えるのは好印象です。




スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*