色づく世界の明日から9話の感想と評価!内容やあらすじは

『色づく世界の明日から』第9話「さまよう言葉」のあらすじと感想です。今回はシンプルなデート&四角関係回です。

 

序盤のあらすじ




スポンサーリンク






それぞれのキャラクターが好意を寄せている人物は下記のとおりです。

 

瞳美→唯翔

唯翔→瞳美

将→瞳美

あさぎ→将

 

瞳美が将に写真を教えてもらうという名目でデート(瞳美はデートとは思っていない)。帰り際に将が瞳美に告白。瞳美は初めてのことに戸惑って逃げ出してしまうという序盤の流れです。






 

恋を知らない瞳美




スポンサーリンク






あさぎが将に想いを寄せていることに皆気づいている中で瞳美はそれに全く気づかないこと、将と二人きりで出かけることに何とも思っていないことから、瞳美はまだ恋を知らないのだと思われます。唯翔に対して頬を赤らめたり、恥じらったりするシーンはありましたが、その感情を言語化する域にはまだないということ。

 

ちなみに、瞳美と将のデートを胡桃と千草の二人が目撃しますが、彼らこそ二人きりで何をしていたのでしょうか……?w

 

告白をきちんと断ることで見えるもの




スポンサーリンク






将の前から逃げ出してしまったこと、将の気持ちにどう向き合えばいいのかわからないことでふさぎ込む瞳美にあさぎは「ちゃんと考えないとダメ。告白してくれた人がかわいそう」と伝えると共に、将が瞳美に告白したのだと気づきます。





 

瞳美は将に「気になる人がいる」と伝えて、告白を断ります。「気になる人」というのは唯翔のことでしょう。瞳美はきちんと考えて、こうして言葉にしたことで「唯翔が気になる」ことをはっきりと認識するのでした。この物語のテーマが恋であるならば、瞳美はようやくここでスタート地点に立ったことになります。

 

一方、将の告白にショックを受けたあさぎは、部活を休み瞳美の前から逃げ出してしまう──というのが今話の流れです。

 

恋は物語にどのように関係するのか









瞳美が未来に戻らなくてはならないのは確実です。従って、唯翔との恋が実らないのも確実でしょう。しかし、作品のトーンからして、悲恋なだけの物語になるようには思えません。何らかの形で「唯翔と出会えてよかった」という結末に着地するのでしょう。

 

で、そのラブストーリーが瞳美の色が見えないことや過去と未来の行き来とどのように関連するのかが今後の鍵となります。『色づく世界の明日から』は現時点でかなり大風呂敷を広げている印象があり、結末への収束が大変に楽しみな作品です。






 

あさぎの恋も気になります。幼馴染の恋は実らないジンクスを打破してほしいところです。胡桃と千草は放っておいても勝手にくっつくでしょうw




スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*