またしても自民党の議員に暴行パワハラ疑惑です。石崎徹議員は男性秘書に対し


「バカが!○ね!!」


なんて台詞を吐いていたようで、エレベーターなどで二人になるタイミングでなんども暴行していた


と言う内容の報道が出ています。やっぱり議員ってストレスが貯まるんでしょうかね・・・。


こう言うパワハラや暴行があとをたたない印象です。


以前にもあったような「このハァゲェー!!!」議員のように今回もかなり問題視されていて、


すでに自民党から離党するなんて話も出ています。


ではこの石崎徹議員の経歴や学歴、プロフィール情報をみていきましょう。


石崎徹の経歴と学歴




スポンサーリンク







・石崎徹(いしざき とおる)

・35歳

・1984年01月25日生まれ

・新潟県出身

・最終学歴:2007年慶応義塾大学法学部卒業

・自民党所属

・当選回数:衆議院 3回

・主な経歴
2007年4月財務省
2010年7月内閣官房国家戦略室主査
2012年12月衆議院議員


石崎徹議員は新潟県新潟市東区柴築地区出身。


新潟市立大形小学校、新潟市立大形中学校、新潟県立新潟高等学校を卒業しています。


代々木ゼミナール新潟校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業、やはり政治家となると


コレくらいの有名大学を出ているのが普通なんでしょうかね。


大学在学中、マックス・ヴェーバーの著書『職業としての政治』を読み、政治を志したと言う経歴を持っています。


23歳で財務省に入省するなど、その経歴から見るとかなり優秀な人物であることがわかります。


このようにエリート街道を突っ走ってきたからこその


今回のような秘書への暴行などの傲慢な部分ができていったのかもしれませんね。


どちらにしても優秀な人物だったことは間違いありません。どこで暴行なんてするような性格になってしまったのか・・・


35歳と言う若さで三回当選している経歴から見てもかなり期待されている人物なのがわかります。


それだけに今回の暴行事件は非常に残念で仕方がないですね。


石崎徹の不祥事



石崎徹議員の今回の不祥事としては男性秘書に対し暴言を吐いただけでなく、


物理的な暴行も加えていたことで、複数回に渡る暴行で腕などに青あざができるほどだったようです。


そして暴行に耐えかねた秘書が被害届を提出したことで不祥事が発覚。


石崎徹議員は今現在も表舞台に顔を出していません。


過去の不祥事【セクハラ・二股】




スポンサーリンク





石崎徹議員は過去にも不祥事があったと言われており、


2014年には女性にセクハラをしていたと週刊新潮が報じています。


歓迎会と称した居酒屋での飲みの席にて


女性に関係を迫り、体を触るなどしていたようです。


また、帰りのタクシーなどでも女性に対し何もしないと言う約束で乗り込んだ女性に


体を触るなどしていたと報じられていますね。


また、この同時期に自民党の先輩議員の女性秘書と、新潟放送の女性記者との二股交際をしていた


と言う情報もあるようですね。


・居酒屋にて女性に「キスしよう」「ホテル行こう」

・タクシーにて「後部座席にきて」「何もしない」

・などと発言、体を触る

・自民党の先輩議員の女性秘書と関係

・BNS新潟放送の女性記者と同棲しながらの二股


コレだけでも大スキャンダルに発展しそうですが・・・。


こちらの情報は週刊新潮によるものです。


コレらのイメージがあまり定着していないのは何故なんでしょうかね・・・。


石崎徹議員の家族は?結婚してる嫁・子供は?




スポンサーリンク





調べてみたところ、先ほどの二股交際などの記事はあるものの、


家族や結婚している嫁や子供などの情報はないようですね。


結婚していたり子供がいればこのような報道とともに報じられて


大スキャンダルになるはずなので、石崎徹議員には結婚している嫁や子供などの


家族の情報はないためにしていないと考えるのが自然でしょう。


ネットの反応




スポンサーリンク