寄宿学校のジュリエット2期続編はいつから放送?続きの内容は

2018年秋アニメ『寄宿学校のジュリエット』は王道のラブコメ作品で、豪華な声優陣、綺麗なアニメーションがファンから高い評価を受けています。はたして2期はあるのか、いつから放送なのかを調べてみました。

 

原作ストックはどれくらい?




スポンサーリンク






『寄宿学校のジュリエット』の原作は金田陽介氏のマンガで、2018年12月17日に最新11巻が発売されています。週刊少年マガジンにて連載中です。







 

アニメ化にあたっては原作1巻に3話を費やす展開で、全12話で4巻の終わりまでが描かれると予想されます。物語としてもちょうどよい区切りとなっています。

 

ですので、原作ストックは「十分にある」とみなすことができます。2期製作も期待できますね。

 

円盤の売上は?




スポンサーリンク






円盤(DVD/Blu-ray)の売上が2期製作決定を左右すると言われています。『寄宿学校のジュリエット』の円盤はまだ発売になっていないので正確の数字はわかりかねますが、おそらく2018年秋アニメでは中位くらいの売上になるのではないかと予想されます。

 

基準としては5000枚が2期製作の分水嶺と言われています。『寄宿学校のジュリエット』が5000枚に到達するかどうかは微妙なところではありますが、過去にはそれに満たなくても2期製作がされた作品もあります。

 

例えば『だがしかし』1期は円盤売上が1枚あたり平均で1200枚程度でした。いわゆる「爆死」と呼ばれる状況です。だがしかし、2期が製作されています。

 

要因はいろいろ考えられます。推測も含めて列挙していきます。









・アニメ化によって原作の売上が伸びたこと

・低予算アニメであること

・商品コラボなどによる収入があったこと

・オンデマンドサービスなど円盤以外の収益源があったこと

 

そう考えると、『寄宿学校のジュリエット』もこのアニメ化によってファンの支持がさらに熱いものになれば2期製作もありえるでしょう。

 

『寄宿学校のジュリエット』の評価は?




スポンサーリンク






Amazonでのレビューでは、アニメ『寄宿学校のジュリエット』の評価は12月20日時点でレビュー数41、星平均4.3とかなりの高評価です。今期アニメの中でも強く支持されている作品の一つと言えるでしょう。

 

で、2期はある?







今のところ、公式から2期製作の発表はなされていません。ここまで述べてきたことから考えると、2期がある可能性は「50%」程度でしょうか。時期は2年後の2020年秋アニメあたりが妥当だと思います。







 

アニメ『寄宿学校のジュリエット』は人気で高評価な作品であることは確かですが、原作が続いていても続編が製作されない作品は多くあります。2期が製作されるかどうかは未知数ですが、原作が続いている以上、期待して待ってみましょう。




スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*