介護職員に障害のある男性が睡眠薬を入れ、わいせつしたというニュースが話題になっていますね。


しかもこの被害者がTwitterで告発し、報道よりもひどい状況だったことを明かしています。


睡眠薬を入れられた女性は今も肝機能に障害が起きているようで、しばらく入院するなどして


治療する必要があるとのこと。


流石に障害のある男性がそんなことをしてくるとは思いませんよね・・・。介護をしている人にとって


こんなに怖いことはないです。この犯人の実名や顔画像など、気になる情報を調べてみました。


介護職員に睡眠薬!障害のある男性とは




スポンサーリンク





大阪府貝塚市の身体障害のある男(33)の自宅で昨年から今年夏にかけ、介護に訪れていた女性らが相次いで意識混濁状態に陥った事件で、男が「健康にいい」などと言って、女性らに睡眠導入剤入りの飲料をすすめていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。男があらかじめ別の介護担当者に、自分用として飲料を作らせていたことも判明。介護者が立場上断りづらい状況を利用して犯行に及んでいた疑いがあり、大阪府警は詳しい状況を調べている。

 男は「睡眠導入剤を飲ませた。体を触りたかった」などと供述。府警は男の障害の程度を考慮して任意で捜査を続け、準強制わいせつ致傷容疑で書類送検する方針。

 捜査関係者によると、男は7月28日、介護事業者から派遣された20代女性に、睡眠導入剤入りの飲料を飲ませるなどした疑いがある。男は首から下がほとんど動かせず、睡眠導入剤入り飲料を別の介護担当者に作らせ、ダイエット効果があるなどとして市販されているドリンクと混ぜたうえで女性に飲ませていたという。

引用:https://www.sankei.com/west/news/191010/wst1910100012-n1.html


障害を持っている男性が犯人ということですが、管理人が見て思ったのは


別の介護職員が睡眠薬入りのドリンクを作ってあげたようですが、


睡眠薬入りのドリンクを作ってあげるってどういう状況なんでしょうか


しかも睡眠薬の量が多かったからか被害者の女性は肝機能に問題が起きるほどの


状態になっているようです。


一部からグルなのではないかという声も出ていますが・・・。あまりメリットがなさそうですし、


謎な部分です。


障害者男性は首から下が動かなかった




スポンサーリンク





障害のある男性は右手が少し動かせる程度で、ほとんど首から下は動かない状態だったようです。


こんな状況でも触りたかったというだけで睡眠薬入りのドリンクを飲ませるとは・・・。


書類送検されていますが、問題なのは障害があるということから


逮捕まで至らないのではないかという点ですよね。


こちらについては今後の司法の判断となります。やはり障害があると入っても


犯罪は犯罪です。同じように逮捕されるべきかなと思ってしまいますね。


障害のある男の実名や顔画像は?




スポンサーリンク





最も気になるのはこの男性の実名報道や顔画像が出ていないことです。


今の段階では書類送検されただけなので出ていませんが、


逮捕となれば公に報道されるのではないかと予想できます。


ただ、障害のある男性というだけで逮捕されないのではないかとする声も多いです。


しかし今回もられた睡眠薬の量が多いためか、被害者の女性は


最悪の場合市に至る可能性もあったほどだったといいます。


これほどの量を飲ませるとなると殺人未遂と取られてもおかしくないですよね。


早く実名報道と顔画像の公開をしてほしいところです。


別の介護職員がグル?なぜ睡眠薬を入れた?



先程にも書いたとおり、被害者の女性は肝機能に問題が出るほどの症状を訴え、


睡眠薬を飲まされた直後は三日間も眠ったままの状態だったそうです。


それほどの量を入れた飲み物を作ってあげたという「別の介護職員」とは一体何者なのでしょうか?


これに対しネット上ではこの別の介護職員がグルなのではないかとする意見も少なくありません。


こういう犯罪は見逃されていい問題ではないですよね・・・。


被害者女性がTwitterで告発!




スポンサーリンク