海賊版サイトブロッキングに反対なのはなぜ?憲法違反?問題とは【漫画村】

漫画村閉鎖やAnitubeなどの海賊版サイトが続々と閉鎖している”海賊版サイトブロッキング問題”ですが反対意見が一部から出ているようです。それは一体なぜなのか?反対意見の一部では「憲法違反である可能性がある」というものや「一部の人がその権利を有することは問題」とするものがありますが、これらは一体どういうことなのか、調べてみました。




・海賊版サイトブロッキング問題に反対なのはなぜ?


・海賊版サイトブロッキングは憲法違反?


・漫画村などの海賊版サイトブロッキングの問題点とは





海賊版サイトブロッキング問題に反対なのはなぜ?





スポンサーリンク







漫画村閉鎖に関する記事はコチラ




漫画タウン閉鎖に関する記事はコチラ




海賊版サイトブロッキング問題について一部の反対意見が出ていることはご存知ですか?今回の海賊版サイトブロッキングは突然実施され、その対応の速さに管理人はただただ「すげぇなあ・・・」とポカンとするばかりでしたが、これには問題点も発生してくるとのこと。








「インターネット閲覧を管理する」という目的で一部の人達がサイトをブロッキングする能力を握ってしまうことには問題があるというのです。




確かにある意味日本人のインターネット上の自由もなくなってしまう可能性を孕んだ問題ということになりますね。




今回の海賊版サイトをブロッキングするのではなく「公式で優れたサービスのものを作れば自然と海賊版サイトを使わなくなる」という可能性などがあるということですね。




今回の海賊版サイトブロッキングだけでは問題の根本的な解決につながらないというのは確かに納得です。それに海賊版サイトは撲滅すべきだということも皆同じ思いでしょう。




しかしやり方はまだまだある中、今回のような措置が取られたことに対する反対が多くの人から挙がっているようです。




あるいは広告収入で稼いでいる以上、その広告を止めてしまうという措置もあったのかも・・・。




海賊版サイトブロッキングは憲法違反?






スポンサーリンク







今回のように一部の人の判断だけで海賊版サイトブロッキングを行ってしまうことには問題があると上記で書きましたが、それは憲法違反にもなる可能性があるというのです。




確かに措置をする前に話し合いが必要だったのは間違いありません。しかし今回の緊急措置に助かった人も多くいることは間違いありません。漫画家の人たちからしたら非常に素晴らしい対応だったに違いありません。




海賊版サイトとの戦いは非常に難しくなっていくのでしょう。法律をかいくぐってどんどん作られる違法なサイトやサービスは撲滅できる日が来るのでしょうか・・・。今回だけの問題ではなく長い時間をかけて解決するべき問題となるのでしょう。




管理人としてもインターネット上の閲覧の規制などが進められすぎてしまうと、それはそれで文化が衰退してしまうような気がしています。




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*