カミンスカス操の国籍は?何人?フィリピンや韓国?本名?

積水ハウスが地面師であるカミンスカス操容疑者率いる詐欺グループに55億円を騙し取られた事件で、ついに指名手配をしたことで話題になっていますね。このカミンスカス操容疑者の国籍、何人なのかなどが気になります。一部ではフィリピン人、韓国人という情報もあるようです。


現在も逃亡を続けているカミンスカス操容疑者は現在海外にいるという情報もあり、指名手配をしたものの見つかるまでは時間がかかりそうです。詐欺グループの主導をしていた人物ですが、やはり気になるのはこの名前。国籍や何人なのかが気になります。




・カミンスカス操の国籍は?


・カミンスカス操は何人?フィリピン人、韓国人という説も


・カミンスカス操は現在海外逃亡中?





カミンスカス操の国籍は?





スポンサーリンク












カミンスカス操容疑者は元々フィリピンパブなどに入り浸っていたなどの情報があることから、結婚などをして名字が変わったという説が最も有力です。




カミンスカスという名字は元々ヨーロッパなどで主流となっており、フィリピンではあまりメジャーでは無いようですが・・・。しかしフィリピンでもスペイン系の人などが多く、ヨーロッパ系の人物は数多くいます。




なので考えられるのはフィリピンパブなどで知り合ったヨーロッパ系の女性と結婚し、名字が変わった可能性が高いですね。その場合、フィリピン女性の方に籍を入れている可能性もあるということで、国籍も既に変えているのかもしれません。




だとすると最も可能性の高いのはフィリピン国籍であるということ。実際に詳細なプロフィールはまだ公表されていません。実際にこれから詳しい調査が入ると考えられるので、しばらく待ちましょう。




カミンスカス操は何人?フィリピン人、韓国人という説も






スポンサーリンク







大手住宅メーカーの積水ハウスが土地売買をめぐって所有者を装った「地面師」に55億円を騙し取られた事件で、主犯格とされる自称コンサルタントのカミンスカス(旧姓・小山)操容疑者(58)はフィリピンに“逃亡”している(10月25日現在)。

 その行方を追うのは、逮捕直前に高飛びを許した警察だけではなかった。「アイツだけは絶対に許さない。居場所がわかったら教えてほしい」──そう訴えるのは、関東圏の広域暴力団の現役組長だ。

 10月16日に警視庁捜査二課が偽造有印私文書行使などで地面師グループ8人を逮捕したが、その直前にこの組長は警察の聴取を受けていたという。





旧姓が小山ということがわかっているようですね。やはり元々の国籍は日本人であることは確かなようです。




しかしやはり現在フィリピンに逃亡していることから、カミンスカス操容疑者はフィリピン国籍を持っている可能性も考えられます。おそらく家族などはフィリピンに住んでいるのでしょう。




指名手配されたということですから、空港などでも逮捕される可能性が高いため、フィリピンから動くことはできなくなってしまうでしょう。このまま逮捕されればいいのですが・・・。




Twitterの反応





スポンサーリンク





















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 895 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*