京浜東北線が断線で復旧難航!カーテン落下が原因か?高校生も関与?

京浜東北線が断線し、多くの乗客が線路を歩いて駅に向かう事態になりましたね。原因は人為的ミスと発表されています。しかし検索ワードにはなぜか”高校生”の文字が。人為的ミスの裏側に何があったのでしょうか。今回の京浜東北線断線について調べてまとめてみました。




・京浜東北線が断線で運行休止!原因は人為的ミス


・京浜東北線断線を起こしたのは高校生??


・カーテン落下が原因で断線した可能性も?


・京浜東北線断線はいつ復旧される?





京浜東北線断線の原因は人為的ミスによるもの





スポンサーリンク







16日午前10時55分頃、横浜市鶴見区のJR京浜東北線鶴見―川崎駅間の架線が切れ、停電などのため同線と横須賀線、東海道線が運転を見合わせた。


京浜東北線では付近を走行中の3本が立ち往生し、乗客約2400人は歩いて移動した。同線が運転を再開したのは同日午後5時40分頃と、最大7時間近く運転を見合わせるなどして、3路線で約22万人に影響した。

JR東日本は同日未明に現場付近で架線工事を実施しており、原因は「調整が不完全でショートし、断線に至ったと考えられる」と明らかにした。


京浜東北線の架線切断で、鶴見駅(手前方面)と新子安駅の間で立ち往生した車両から降り、線路を歩く人たち(16日午後1時50分、横浜市鶴見区で、読売ヘリから)=林陽一撮影
同社によると、京浜東北線磯子発南浦和行き快速電車(10両編成)が、鶴見川にかかる橋を通過した際、異音を感知して緊急停止。架線を確認すると、橋の上で断線していた。同電車など計3本が立ち往生し、乗客は1時間半前後、車内にとどめられ、職員の誘導で徒歩で最寄りの駅などに向かった。

現場は3路線が並行して走る区間で、架線の確認作業や乗客の安全確保などのため、横須賀、東海道の両線も運行を停止。京浜東北線が大宮―大船駅間、東海道線の東京―熱海駅間、横須賀線の東京―久里浜駅間などで計92本が運休、214本に遅れが出た。

快速電車に乗っていた横浜市鶴見区の会社員男性(33)は「突然パチンと音がして車内が焦げ臭くなり、まもなく電気が消えた。車内に1時間半閉じこめられて疲れた」と疲れ切った様子だった。

JR品川駅では、神奈川方面に向かう乗客らで京急線への乗り換え改札前が混雑して一時入場を規制。東京都東久留米市の男性(74)は「横浜市内の忘年会に間に合わなくなった。最近は電車の事故などトラブルが目立つので何とかしてほしい」と話した。   引用:東洋経済オンライン





断線に至った原因は人為的ミスのようで、調整作業のミスによるショートが原因とのことです。何かと交通関係はミスが少なくなって欲しいですよね。待ち合わせや仕事関係などで遅刻するのは致命的ですから。




しかも今回の断線では1時間半も電車に閉じ込められたとのことなので、立っている人はかなり疲れたのではないでしょうか・・・。ちょっとかわいそう。



















カーテンが飛んできた、との情報もあるようですが、今のところ詳細は不明です。大手ニュースサイトではショートした原因は調整ミスとの発表でしたが、カーテンの情報はどこから出てきたのでしょうか。












Twitterではやはりカーテンが絡まり京浜東北線が泊まったとの情報が溢れています。今のところ大手ニュースサイトではそのような情報はないようですので、本当かどうかはわかりません。ほとんどが個人のまとめサイトなどの情報ばかりです・・・。真相は不明なので過信しないでおきましょう。




検索ワードでは高校生という文字も!何らかの関与がある?





スポンサーリンク







この検索ワードの高校生というのを調べてみました。これは2015年に起きた京浜東北線断線のときに広まったウワサによるもので、とある高校生のツイートが話題を呼んでいた時の検索ワードだったようですね。




この高校生カップルのツイート「彼氏がカバン投げたら電車止まった(笑)」というツイートで炎上した、というのが当事の検索につながっていたようですね。実際は高校生は関与しておらず、調整ミスが原因だったようですが。




今もTwitterではカーテンが原因ではと噂されていますが、公式的に発表があったわけではないようなので、これもウワサ程度に捉えるのがイイと思います。確定的な情報が中々入ってきませんね。





























京浜東北線断線事故についてのまとめ





16日、JR京浜東北線で架線が断線し、7時間にわたり運転見合わせが続いたトラブルは、未明に行われた工事の人為的なミスが原因だったことが分かった。

16日午前11時頃、神奈川県を走る京浜東北線の鶴見駅と川崎駅の間で架線が断線し、列車が運行できなくなった。

乗客「架線が切れたという話だった」

乗客「(Q:どのくらい電車内に?)2時間。大変でしたけどね(子どもが)ぐずっちゃうんで」
子どもの乗客「がんばりました」

乗客「こんな状況になると思ってないから、ヒールがボロボロですよ」

このトラブルで京浜東北線、東海道線、横須賀線の一部区間で7時間にわたり運転を見合わせ、およそ22万人に影響が出た。

JR東日本によると、原因は、電気が通る架線を平行に保つ「補助ちょう架線」と呼ばれる線が、別の線を支える金具と接触し、ショートしたことで断線したとみられるという。

現場では事故当日の未明に、架線の高さを調整する工事を行っていたが、金具と架線の間隔が本来より近くなり過ぎ、工事後の点検も行っていなかったという。

JR東日本は「人為的なミス」だったと認め、再発防止に努めたいとしている。


引用:Yahooニュース










運転再開はもうすでにしていますね。年末前にこんな事があるなんて・・・。忘年会シーズンですからね。なにかと忙しい時期でもあります。再発防止は徹底してほしいです。

















































About 小鳥遊ユウ 897 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*