慶應義塾幼稚舎は小学校受験においての指導で人気を誇っているのですが、


ここでは先生から個別に指導するというのが禁止されていて、


皆に平等に指導していくというものがありますが、


ここのA先生はなんと隠れて個別指導を行っていたというのです。


そのA先生は誰なのか?名前や顔画像などの情報をまとめていきます。


慶應義塾幼稚舎で個別指導が発覚



小学校受験で全国屈指の人気を誇る慶応義塾幼稚舎。

その現役教員が、学校の内規で禁止されている受験前の児童への

個別指導を行っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

実際に指導を受けた児童の保護者によると、この教員は指導の見返りとして、

受験生の親からお菓子などの品物のほか、1回につき5万円から10万円の謝礼を受け取っていたという。

「A先生は60代前半で、現在一年生の担任をしています。

少なくとも5年前から受験生への個人レッスンを行っており、毎年10人程度を教えていると聞きました。

指導の定番は公園で受験生の子供を遊ばせること。その行動を慎重に観察して、親にアドバイスします」

引用:週刊文春オンライン


個別指導を受けることによって謝礼を受け取っていたということで


これは完全にアウトの案件ですよね・・・。


教育現場での問題は度々起こりますが、まさかこのようなことが現場で行われているとは


親御さんも思っていなかったでしょう。


自分の子供を通わせていたら、


「お金払って個別指導とかズルイ!」


と思ってしまいますよね。このA先生はどんな人物だったのか調べていきます。


個別指導(レッスン)の内容とは?




スポンサーリンク





指導の定番は公園で受験生の子供を遊ばせること。その行動を慎重に観察して、親にアドバイスします


幼稚舎ということなので指導といっても公園で遊ばせるなどして


子供の行動を観察、その後にアドバイスをするというものです。


子供は素直ですから、性格が出やすいですもんね。


その行動を逐一観察して、プロからのアドバイスを受け取るだけでも子供の教育に


大きく関わることは間違いありません。


ただ、平凡な一般人の管理人からすると


これだけで謝礼10万はないわ


と思ってしまいますけどね。


慶應義塾幼稚舎に子供を通わせるような親御さんというのはかなりお金持ちなんでしょうか・・・。


いくら稼いでた?A先生は謝礼をもらっていた




スポンサーリンク





毎年10人ほどの個別指導を行っていたというA先生は


謝礼として5万円〜10万円、お菓子やローストビーフなどももらっていたそうです。


謝礼の高さもそうですが、普段からお菓子屋ローストビーフももらっていたってすごい話ですよね・・・。


これだけの謝礼を一回でもらえるということは年間いくら稼いでいたのか・・・。


そしてその稼ぎは申告していたのかなどを考えると問題はさらに深刻になっていきそうです。


一回での指導が5〜10万円ということは月間だけでも100万円はくだらない金額を稼いでいたということになります。


すると年収はとんでもない金額に・・・。


慶応幼稚舎個別指導のA先生は誰?顔画像と名前




スポンサーリンク





今現在までにわかっているA先生の情報は


・A先生(名前不明)

・60代

・1年生を担当


まだまだ情報が少ないところです。


顔画像や名前が公表されるかはわかりませんが、8月1日発売の週刊文春にて


実際に指導をしている様子が公開されるようです。


その写真画像からA先生の顔や名前などが特定される可能性もありますので、


しばらくお待ちください。記事を更新していきます。


慶応幼稚舎の場所はどこ?



慶應義塾幼稚舎の場所がこちら。





〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿2-35-1
TEL:(03)3441-7221(代)
FAX:(03)3441-7224


慶応幼稚舎の学費はいくら?



主な学費は以下の通りです。


入学金 340,000円
授業料 940,000円
施設設備費 130,000円
教材費 16,480円
文化費 20,000円
給食費 95,000円
入学後・年間(4月以降必要な費用・年額表示)

クラス費 36,000円
教育振興資金(寄附金)1口3万円(できるかぎり2口以上)
慶応義塾債(学校債) 1口10万円(できるかぎり3口以上)


やはり結構なお値段しますよね・・・。


みんな平等に教育を受けられたらいいのですが、このような問題が発覚すると


ちょっと考えさせられますね。


ネット上での反応










スポンサーリンク