警察無線を傍受した犯人は誰?顔写真と名前と本当の理由とは

Youtube(ユーチューブ)に警察無線を傍受した音声をアップしたということで話題になっているようなのですが、犯人は誰で名前や顔写真はあるのか?また、警察無線を傍受した理由とは一体何だったのでしょうか?警察無線を傍受することは違法で、暗号化された無線を聞くためには高度な技術が必要と考えられます。


警察無線を傍受した犯人の目的とは?今回の話題について調べていきましょう。




・警察無線を傍受した犯人は誰?名前や顔写真


・警察無線を傍受した犯人の本当の目的、理由とは


・警察無線を傍受するのは違法?合法?





警察無線を傍受した犯人は誰?名前や顔写真





スポンサーリンク







警察無線を傍受し、Youtube(ユーチューブ)にアップするなどした犯人は未だ逮捕されていません。また、肝心な動画に関しても検索してもそれらしいものは出てきていません。既に削除されている可能性が高そうですね。




ということで今の段階では警察無線を傍受した犯人は捕まっておらず、名前はおろか、顔写真、画像などもまだネット上では見つけられていない状況です。




普通に考えて警察無線の傍受に成功したとしてもYoutube(ユーチューブ)にアップするなどするということは必要ありませんし、目立つだけですよね。




ただ単に犯人は「警察無線を傍受できる事を自慢したかった」のかもしれません。警察無線の傍受に成功したとしても今回のことで公にバレてしまった以上逮捕される可能性が高いので、最新情報が入り次第記事を更新していきます。




警察無線を傍受した犯人の本当の目的、理由とは





スポンサーリンク







上記にもある通り、警察無線を傍受できるほどの技術があることを自慢したかったのが犯人の目的、傍受した理由と考えられます。




警察無線の傍受に成功し、必要な情報を得るためだけだったならばYoutube(ユーチューブ)にアップする必要はありませんよね。今回Youtube(ユーチューブ)にアップされた動画は「ひき逃げ犯」を追っている様子が音声で残っていたようですが、これは犯人の目的、傍受の理由とは関係がない可能性が高いですね。




今後Youtube(ユーチューブ)に動画をアップした形跡から犯人が割り出される可能性は非常に高いので、逮捕されれば本当の理由などもはっきりと分かるかもしれません。




警察無線を傍受するのは違法?合法?




スポンサーリンク







警察無線の傍受は電波法に触れるとのことで、やはり違法であることは間違いないようですね・・・。一部では違法ではないのではないかとする意見もあるようですが。




警察無線は普段から暗号化されており、簡単には傍受できない仕組みとなっています。これを突破する技術力があれば警察無線を傍受できるようですが、犯人はこの技術力を持っていたということになります。




安全のためにもこのような技術を持ち、Youtube(ユーチューブ)などにアップする人は逮捕されておいたほうが良いでしょうね。悪用されたらかなりひどい事件にも繋がりかねません。




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 895 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*