S級バックラーと呼ばれるネット上のジョークだと思っていた存在が


実際に存在していたことが判明しました。


なんとバイト初日に店の金を窃盗し逃走するというとんでもない犯行を繰り返し行っていた


男が逮捕されました。しかも16都道府県を歩き回り、あらゆるコンビニで窃盗を繰り返していました。


逮捕された36歳男の名前と顔画像を調べてみました。調べてみるとこの男には


前科があるだけでなく、とんでもない事実まで判明してきたのです。


それではこの36歳男の正体について見ていきます。


コンビニバイトが初日に窃盗!16都道府県で同様の手口



16都府県のコンビニエンスストアにアルバイトで入り、

いずれも勤務初日にレジや金庫から現金を盗んで逃げたとして、

大分県警が窃盗容疑で住所不定、無職の男(36)を逮捕、送検していたことが3日、

捜査関係者への取材で分かった。被害総額は計約1千万円に上るという。

 捜査関係者によると、男は2017年8月~18年10月、大分や福岡、

宮城など16都府県のコンビニ計30店で、レジや金庫から現金を盗んだ疑いが持たれている。

いずれも偽名でアルバイトの面接を受け、勤務初日に現金を盗み、

そのまま逃走する手口を繰り返していた。「手っ取り早く生活費と遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているという。

18年4月に大分市の店舗が被害に遭い、県警が県内のコンビニに注意喚起の手配書を配布。

市内の別の店舗経営者から「特徴がよく似た男が面接を受けに来た」と通報があり、県警が同年10月、

1件の窃盗容疑で逮捕した。男は計33件の窃盗を認め、県警は3日までに30件を送検した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190904-00010001-nishinpc-soci


少なくとも30件もの同様の手口が発覚し、総額は一千万円にものぼっているようですね。


ここまで来ると伝説の存在としか言いようがありません・・・。


しかもこの男、全国のコンビニで同じ手口で窃盗を繰り返していて、


なぜこのような生活スタイルになったのかも不明です。


今まで住むところなどはどうしていたのでしょうか・・・。


税金とかも払っていたのかも不明。本当に謎の男としか言いようがありません。


しかも36歳という年齢からも謎が多い人物ですね。それまでどうやって生きてきたのか・・・。


コンビニのバイト初日に窃盗の男は誰?名前と顔画像特定




スポンサーリンク





コンビニでバイト初日から窃盗を繰り返していた男の名前が特定されました。


・野嶋亘平容疑者(36)

・無職

・滋賀県出身

・30件にも登る前科


野嶋亘平容疑者は以前からコンビニのバイト募集に応募して


バイト初日に金を盗むという犯行を繰り返していて、手配書まで回されたという経歴を持ち、


バイトの面接には偽名の履歴書を用意するなど、その徹底ぶりは凄まじいです。


その熱意を他のことに向けていれば今頃は犯罪者じゃなかったでしょうね。


なぜそこまで窃盗にこだわってきたのかは謎ですが、この男の熱意だけは


本物のようですね。いや、褒めちゃいけないんですけれど、どうしても


ネット上だけに存在すると思われていたS級バックラーと呼ばれる伝説の存在が


実在するとは思っても見ませんでした・・・。


野嶋亘平の過去の前科がヤバい!コンビニバイト初日窃盗の男




スポンサーリンク





管理人が調べたところ、野嶋亘平容疑者は確認されているだけでも


なんと25歳から窃盗の前科があり、その当時から手口が変わっていません。


つまり11年間もの間、逮捕され、娑婆に出てはコンビニ窃盗を繰り返し、


ずっと生きてきたということです。


むしろその窃盗の生き方に固執しすぎではないでしょうか。


鹿児島西署は14日、コンビニのアルバイト店員として採用され、働き始めて約30分後にレジから現金を盗み、

制服のまま逃げたとして、窃盗の疑いで住所不定、無職野嶋亘平容疑者(25)を逮捕した。

バイト面接では偽名の履歴書を使い、同署は「手口が巧妙で手慣れている」としている。

逮捕容疑は7月19日午後7時半ごろ、鹿児島市武のコンビニで現金約12万円と制服を盗んで逃げた疑い。


当時25歳の頃にコンビニで窃盗した際にかかった時間はたったの30分。


これはもうプロとしか言いようがありません。25歳の時点でこれですから、元々コンビニ窃盗はもっと前からやっていたのかもしれませんね。


S級バックラーとは?




スポンサーリンク





度々S級バックラーという言葉を使ってきたのですが、これは


ネット上で囁かれるバイトのバックレのレベルのようなもので、


以前からジョークの一つとして語られてきたものです。


S級バックラー
伝説の存在。給料と称して、売場の物やレジの金を強奪して消える
最強のバックラー。場合によってはブタ箱逝きであることから、
バックラーからも畏怖の対象として見られている。

A級バックラー
活力みなぎる若者の主流。トイレの便器から外れた位置にウンコをする、
売場を荒らす、勤務中に姿を消すなど、職場への迷惑行為をしてバックレる
漢の中の漢。世間からは概ね理解を得られぬが、その反骨精神溢れる姿は
一部からは熱狂的な支持を得ている。

B級バックラー
仕事を覚えて、職場の主力に近い立場を取得した後、消える。そのバックレ
効果は絶大であり、職場に致命的なダメージを与えることもある。忍耐力の
あるバックラー、という資質が必要となり、労働時間が長くなる為、C級
バックラーと比較すると少数である。

C級バックラー
入って数日、もしくは1,2週間で消える。職場への被害は極僅かだが、
バックラー本人の貴重な時間を無駄にすることなく、ストレスも最小限で
抑えられるため将来性バツグン。

ブロンズバックラー
即日消える豪の者達。わずか一日で職場を見極めなければならないため、
かなりの判断力は要求される。

ゴールドバックラー
数時間、あるいは数分で勤務中に消える。もはや幻。彼らは本当に存在
したのか?職場に、自信の存在を疑わせるほどの光速バックレ技術は
黄金聖闘士に匹敵。


これを見て笑っていたこともあるのですが、まさか本当にやってのける人物がいるとは


思いもしませんでした・・・。


コンビニバイト初日窃盗の男の名前と顔画像特定にネットの反応は




スポンサーリンク