週間FLASHによると、釈由美子さんの現在の事務所「トミーズアーティストカンパニー」社長である


倉持賢一社長が釈由美子さんに対する給料が未払いであると報じられました。


その額何と1000万円!!


ありえない金額・・・!


ここ最近芸能界でも給料問題などで話題になる中で、またしても芸能界での


給料問題。しかも芸能界ともなると金額もとんでもないですね。


釈由美子さんといえば最近仮面ライダージオウにゲスト出演し話題になりましたが、


このタイミングで給料未払い問題が発覚するとは・・・。ということで事務所社長の倉持賢一社長について見ていきます。


釈由美子さんに給料未払い発覚!




スポンサーリンク





「たしかに、釈さんに対しては、1000万円にのぼる給料の未払いが発生しています。昨年4月から現在まで、約1年半にわたり、ギャラを払っていません」


そう頭を下げるのは、女優・釈由美子(41)や山本梓(38)らが所属する、

芸能事務所「トミーズアーティストカンパニー」の代表取締役を務める、倉持賢一社長(37)だ。

同社は、ジャニーズ事務所出身の小林謙治氏が1986年に創業し、

多くのアイドルや女優を輩出したプロダクションだ。

そんな名門プロが「深刻な経営難」に見舞われ、看板タレントである釈への給料の支払いすら滞っているという。

「じつは、私は社長になったばかりなんです。6月末に、この会社を300万円で買収して社長に就任してみたら、

財務状態が事前に聞いていたよりはるかに悪くて、私自身も驚いているところです」


精査したところ、現在、同社が背負う債務は総額4000万円にのぼるという。

「12月に受ける融資で、給料の未払いは解消する予定です。釈さんにも、それで全額を払うということで、話し合いもすんでいます。飲食店や芸能スクール運営の事業計画もあり、経営再建は問題ないと思っています。

一方、山本梓とは連絡も取っておらず、開店休業状態。来年、契約が切れる予定です」

「借金は、前社長時代につくられたもので、使途がよくわからないものもあります。釈さんも相当怒っています。彼女は会社に籍を残したまま、4月に個人事務所を立ち上げてしまいました」

給料が未払いならば、当然だろう。倉持社長は、釈がトミーズ専属の前提で再建計画を練っているが、厳しそうだ。

引用:https://smart-flash.jp/showbiz/76670


釈由美子さんの所属する「トミーズアーティストカンパニー」は有名な芸能事務所の1つで、


釈由美子さん以外にも山本梓さんなどのタレントが所属する事務所ですよね。


そんな芸能事務所がまさかの経営難に見舞われているなんて・・・。


芸能界も不況なんですかね・・・?


そんな状況の中でも仮面ライダージオウにゲスト出演した釈由美子さんにネットユーザーからは賞賛の声も上がっています。


プロ意識ということで出演したのでしょうか・・・?タダ働きなんて育児をしながら大変でしょうに。


倉持賢一社長の経歴と学歴プロフ




スポンサーリンク





・倉持賢一(くらもち けんいち)

・37歳

・合同会社ティーボックス代表社員
(キャスティング、イベント企画・制作、ノベルティ制作など)

・メットライフアリコ生命保険株式会社
(コンサルタント)


倉持賢一社長は2019年6月より「トミーズアーティストカンパニー」の社長に代表取締役に就任しています。


つまり今まで経営してきた人とは違い、社長になったばかりです。


以前までの社長の名前は佐々木弘社長で、倉持賢一社長が就任すると同時に退任しています。


また、プロフィールを見ればわかる通り、様々な仕事に携わっており、実業家として


かなり敏腕なのだということがわかりますね。


倉持賢一社長に関しては釈由美子さんの所属する「トミーズアーティストカンパニー」の経営難とは


あまり関係なく、以前の社長である佐々木弘社長が残していた借金などが原因で


今の経営難状態に陥っていることがわかります。


学歴に関しては今のところわかっていることはありません。わかり次第記事を更新していきます。


倉持賢一社長の家族(結婚・嫁・子供)は?



今現在のところ倉持賢一社長に関する家族のことはほとんどわかっていません。


おそらく実業家で敏腕ですし結婚はしていると思いますが、


子供の有無などは判明し次第記事を更新していきますね。


子供がいるとしたらなおさらこの「トミーズアーティストカンパニー」を買収したことで


逆に経済的によくない方向に行ってしまいましたね・・・。運が悪いというか何というか・・・。


釈由美子の事務所の年収は?








一年半のギャラ未払いで1000万円もの未払いが発覚していますが、


釈由美子さんは現在育児に忙しく、あまりテレビ出演などはできていません。


にも関わらずこれだけの給料が支払われるということは全盛期はいったいいくら払われていたのでしょうか・・・?


おそらくですが、2000〜3000万円くらいは普通に超えていたと思われます。


芸能人の年収って恐ろしい・・・。


ただ、釈由美子さんのギャラは特別なようです。


「通常、事務所側とタレントのギャラの取り分は6対4程度のところ、

釈さんの取り分は8割。この異例のギャラ配分は、釈さんを擁しているという看板代でもあり、

引き留めたいという気持ちの表われです。しかし、未払いが発生したことで、信頼関係は崩壊しています」(A氏)


釈由美子さんは事務所的にも看板タレントなのでこれだけの優遇措置が取られてきたんでしょうね・・・。


釈由美子さんは4月に個人事務所を立ち上げていますし、このまま退社になってしまうのではないかと思いますが・・・。


このトラブルが終了するまではしばらくかかりそうですね。


ネットの反応




スポンサーリンク












スポンサーリンク