目黒女児虐待事件で話題になった母親の船戸優里被告に懲役8年の実刑が言い渡され、


ネット上では様々な意見が飛び交っています。個人的にもかなり気になるところですが、


それよりも気になるのが、


なぜ父親の船戸雄大に関する報道がないのか?


という点です。これは多くのユーザーが気になっていることではないでしょうか?


だってどう考えても父親の船戸雄大が一番悪いですし、DVがきっかけで船戸優里被告も身動きができない状態でした。


これに関して裁判や実刑判決はどうなったのか?気になったので調べてみました。


船戸優里被告に実刑判決!懲役8年




スポンサーリンク





保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の判決公判が17日、

東京地裁で開かれた。守下実裁判長は「食事制限は苛烈で、

医療措置を受けさせなかったことは強い非難に値する」として懲役8年(求刑懲役11年)を言い渡した。

 弁護側は元夫の雄大被告(34)=同罪などで起訴=から

心理的DV(ドメスティックバイオレンス)を受け「強固な心理的支配下にあった」とし、

懲役5年が相当だと訴えていたが、判決では「強固に支配されていたとまではいえない」とした。

一方で、心理的な影響はあったと判断。逆らえば虐待がひどくなると思い、「雄大被告の意向に従ってしまった面が否定できない」とした。

 また、結愛ちゃんが重篤な状態と認識しながら「雄大被告の暴行や

自身が適切な対応をしなかった事実が発覚することを恐れ、医療措置を受けさせなかった」と認定。

結愛ちゃんの「苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」とした。

 判決によると、優里被告は平成30年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、

雄大被告の暴行も結果的に容認。

引用:https://www.sankei.com/affairs/news/190917/afr1909170014-n1.html


船戸優里被告も同罪であることは納得できますが、


それでも事の発端となった父親の船戸雄大に関する裁判などの様子が全く報道されていないことに


違和感を感じるユーザーがかなり多くいることがわかっています。


現在船戸雄大はどのような状況なのか?裁判や判決はどうなっているのか調べてみることにしました。


目黒女児虐待の父親(船戸雄大)の実刑判決は?裁判はどうなる?




スポンサーリンク





優里被告の夫で保護責任者遺棄致死罪や大麻取締法違反罪、傷害罪に問われた船戸雄大被告(34)の初公判は10月1日に開かれる。


調べてみたところ、初公判が10月1日になるとのことで、現在はまだ報道されていないことに


違和感がありましたが、今現在までに公判が行われていなかったんですね。


この事件での黒幕ですし、より重い懲役刑を望みたいところですが、


結愛ちゃんの息を引き取った原因が肺炎となっていることから、裁判では


思い判決を下すことが難しいのではないかとも言われていて、


今後どうなるのかしっかりと見届ける必要がありそうです。


個人的にもしっかりとさばいてほしいと願っています。


船戸雄大の判決はいつ?裁判は報道されない理由にネットの反応




スポンサーリンク












スポンサーリンク