長崎駅前にある格安海鮮丼のお店で出していたネタが密漁だったことが発覚しました。


密漁の海鮮丼を出していたお店の名前や場所が気になったので調べてみると、


ネット上ではすでに特定されていて、名前も出ているようです。


個人的にもよく言っていたという人もいる中、海鮮丼のお店がなくなってしまうのは残念という反応も見られました。


山口組系の組長自らが密漁していたというのもかなり珍しい事件ですね・・・。


ワンコイン海鮮丼の店が密漁のネタ提供か




スポンサーリンク





高級魚を密漁したとして、長崎県警が指定暴力団山口組系組長の男(51)(長崎市)

や組員ら6人を漁業法違反などの疑いで逮捕し、長崎区検は26日、組長らを同法違反などで長崎簡裁に略式起訴した。

密漁した魚は組長の親族が実質的に経営する飲食店でワンコインの海鮮丼などとして提供。年間約3000万円を売り上げていたという。

県警の発表によると、6人は共謀し、7月に長崎市野母町の海で、

長崎県知事の許可を得ずにボンベなどを使って潜水漁をした疑いがあるとして逮捕された。

組長ら少なくとも3人が略式起訴され、親族と店の従業員は26日付で不起訴となった。

県警幹部によると、組長らは数年前からオオモンハタやスジアラなどの密漁を繰り返していたとみられ、

海鮮丼を売りにするJR長崎駅前の飲食店で提供。500円の海鮮丼もあり、

周辺の相場の半額ほどの安さで、観光客や地元のサラリーマンらに人気だった。

組長と関係のある同市の繁華街の飲食店案内所からは、

真空パックで冷凍保存された魚の切り身など約200キロが見つかったという。

飲食店の近くで働く女性は「観光客らで繁盛していた。

暴力団が関わっているとのうわさはあったが、特段のトラブルはなかった」と話した。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/16986390/


なんとこの事件で驚きなのが組長自らがボンベを背負って密漁をしていたことですよね。


この密漁によって得たネタを提供して利益を上げていたようですが、


もはやそれ業者レベルですよね・・・。


そんな事ができるならまっとうに商売しても良さそうなものですが、


やはりまっとうにやるとなると漁協などを通して販売することになり


利益が減ってしまうのでしょうね。


利益を最大化するために組長自らが密漁するというのもなんだか


不思議な感じがしますが、もしかしたら組長さんが海に潜るのが好きでやっていたのかもしれませんね。


ワンコイン密漁海鮮丼のお店はどこ?場所と名前が特定される




スポンサーリンク








実はすでにこのお店の名前や場所はネット上で特定されています。


しかしながらすでに報道でも書かれていましたがお店側の親族や従業員などは不起訴処分となっているために


このお店の名前は拡散するべきではないですね。


ということは普通にこれからも営業していくということになりますが、


海鮮丼家としてもどうなんでしょうか・・・。


お客さんとかは目減りしそうですし、嫌がらせなどを受けてしまわないかちょっと心配です。


少なくともそこで働く従業員などは関係ないですし・・・。


密漁海鮮丼の店経営の親族は誰?名前や顔画像は?



こちらについてもすでに不起訴処分となっているために名前が判明していても公開するべきではありません。


また、ネット上でむやみに名前などを書いてしまうと法的措置を取られるケースがあります。


実際にいくつかの実例もあるために、ツイッターなどでの拡散も気をつけておきましょう。


営業妨害などでは特に実害が起こるためにかなりの確率で法的措置を取る場合があります。


逮捕されたのは組長ら、密漁をした人たちだけのようですし、今後の発表次第では公開されるかもしれません。


続報を待ちましょう。


ネット上での反応




スポンサーリンク












スポンサーリンク