宮川花子は奈良病院はどこに入院してる?奈良医大?車椅子は病気が原因

宮川花子さんが入院している奈良病院はどこなのか?奈良の医大だという情報もあり、
真相を調べてみました。

まさかの多発性骨髄腫ということで、現在は闘病生活をしているようです。
しかしこのような状況でもカメラの前で話さなければならない宮川花子さんのような立場というのも
難しいですね・・・。

人気の芸能人はこんな時でも人に何かを伝えなければならないというのは
辛いのかもしれません。闘病生活をこれからしていく宮川花子さんを応援したいですね。


スポンサーリンク




宮川花子さんが闘病生活を告白!概要



6月から体調不良が続いていたという宮川花子さん。
多発性骨髄腫という病気だったことが判明し、闘病中であることを大阪市内の会見で告白されました。

奈良県内の病院で入院治療をしていて、最近はリハビリに入っているようです。

この病気が原因でレギュラー出演している「バラエティー生活笑百科」では車椅子で出演し
話題になっていました。

首や肩、胸椎の近くに全七ヶ所もの腫瘍が見つかり、股関節には骨折の跡が見つかったそうです。
病院に運ばれた当時は下半身不随状態になっていたそうで、いつ死んでもおかしくないと言われる状況が1週間も続くという

壮絶な状態を経験したと語っています。
こんな状況でも人前で闘病生活を告白するというのはかなり勇気がいることだと思います。

ただでさえ落ち込むような状況でも、人に伝えるという仕事を全うしている姿はさすがだなという一言です。
これからの闘病生活、多くの人が応援しているので乗り越えて欲しいです。


スポンサーリンク



宮川花子の入院先病院はどこ?





宮川花子さんの入院している病院は奈良県内ということが明かされていますが、入院先の病院はどこなのか気になります。
ここからは噂程度の情報ですが、入院している病院を特定していこうと思います。


スポンサーリンク





宮川花子は奈良医大病院に入院してる?






現在噂になっているのは奈良の医大附属病院です。
というのも奈良県内の中でもトップレベルの病院に入院している可能性が高いからですよね。

医大附属病院ならば在籍している医者のレベルも高いでしょうし、機器や技術も最高レベルの治療を受けられる可能性が高いです。

ちなみに入院し始めた時には大阪市内でも入院していましたが、現在は奈良県内の病院ということなので、
この奈良医大病院に入院している可能性が高いとみられているようです。


スポンサーリンク





多発性骨髄腫の余命や生存率は?完治する?





多発性骨髄腫の生存率は5年で50%だと言われています。
かなり微妙な数字ですよね・・・。

しかし治療に関しては研究も進んでおり、今までよりも生存率は十分に上がっていると言えます。
以前までは治らない病気として認知されてきましたが、今ではちゃんと治る可能性はあります。

宮川花子さんも治療によって完治することを祈りたいです。
ただ、血液のガンと呼ばれるだけあって、治ったと思ってもその後に再発したり、転移したりする可能性は十分にありえるので、
全く油断はできない状況なのは間違いありません。