ノオミ・ラパスがブスと酷評 化粧のせい?過去の出演時の画像まとめ

様々な映画に出演する女優たちは、その時々でメイクが違ったり、衣装、髪型が違うこともあります。そんな中、女優のノオミ・ラパスさんが”ブス”と酷評されている件について、管理人も気になって調べてみました。




ノオミ・ラパスさんのプロフィール



スポンサーリンク









写真は映画「ドラゴン・タトゥーの女」




生年月日: 1979年12月28日 (37歳)
生まれ: スウェーデン フディクスバル
身長: 163 cm





ノオミ・ラパスさんはスウェーデンの女優さんなんですね。スウェーデン人というと、勝手なイメージですが、美人さんが多いイメージです。ブスとは全く逆のイメージですよね。




しかし海外での評価と日本での評価はまるで別物である可能性が高いので、なんともいえませんよね。




確かに長身の女性が多いイメージのスウェーデン人からすると小柄で背も低いと言うのはマイナスイメージなのかもしれません。




出演作品ごとの変化





ドラゴンタトゥーの女






プロメテウス






シャーロック・ホームズ






個人的にはシャーロック・ホームズの出演時がイチバン綺麗だと思います。笑




出演作品ごとでやはりかなり違いますね・・・。



スポンサーリンク







プロメテウスの出演時は確かにあまり・・・と言った印象。




ドラゴンタトゥーの女出演時は・・・まあ、そういう役ですし・・・まあ、うん。




確かにウワサと言うかこれは何となくわかる気がします。笑




しかし、シャーロック・ホームズ出演時を見れば分かる通り、元はキレイな人なのですが、他の出演作品でのメイクが原因でこういったことが言われているのではないでしょうか?




海外の人が好むメイクって日本人にとってあまり馴染みのない物が多いですからね。そこら辺は文化の違いという便利な言葉で片付けてしまいましょう。





ノオミ・ラパスの最新出演作品









映画「セブン・シスターズ」です!予告編をどうぞ









是非今作のノオミ・ラパスさんをチェックしてみてください!今回は・・・どうでしょうか?
















ノオミ・ラパスさんの経歴





イェヴレボリ県フーディックスヴァル出身。父親はスペイン人(バダホス出身のフラメンコシンガー ロジェリオ・ドゥラン、母親は女優ニナ(出生名クリスティーナ)・ノーラン。フォトグラファーの妹が一人いる。幼少期はストックホルム県や南アイスランド地方で過ごす。


7歳の時、アイスランド映画『I skugga hrafnsins』にセリフの無い小さい役で出演。


これが演技への情熱の始まりであった。1996年にテレビシリーズ『Tre kronor』でデビュー。


2007年公開の『Daisy Diamond』で注目を集める。2009年公開の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』ではヒロインのリスベット・サランデルを演じ、世界的に注目を集める女優の一人となる。


2010年フランスのサイコスリラー・ラヴ犯罪の英語リメイクでレイチェル・マクアダムズと共演。


2011年公開の『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』でハリウッド作品に初出演する。リドリー・スコット監督のSF映画『エイリアン』の前日譚の『プロメテウス』の主役に抜擢され、2012年に公開された。2013年ミレニアムの一作目を作った監督のハリウッドデビュー作、『デッドマン・ダウン』に出演。




これであなたもノオミ・ラパスさんのファンになる!?




これからの活躍を是非、チェックしていってくださいね!



About 小鳥遊ユウ 842 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*